NVIDIA Windows GPUディスプレイドライバー(2019年8月)

critical Nessus プラグイン ID 133307

概要

リモートのWindowsホストにインストールされているディスプレイドライバーは、リモートでコードが実行される脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストのNVIDIA GPUディスプレイドライバーソフトウェアにセキュリティ更新プログラムがありません。したがって、シェダーローカル一時配列に起因する領域外アクセスの脆弱性の影響を受け、サービス拒否を引き起こされたり、コードを実行されたりする可能性があります。

ソリューション

ベンダーのアドバイザリに従って、NVIDIAグラフィックスドライバーをアップグレードしてください。

参考資料

https://nvidia.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/4841

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 133307

ファイル名: nvidia_win_2019_08.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2020/1/29

更新日: 2024/3/28

設定: パラノイドモードの有効化

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

基本値: 10

現状値: 7.8

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-5685

CVSS v3

リスクファクター: Critical

基本値: 9.8

現状値: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:nvidia:gpu_driver

必要な KB アイテム: Settings/ParanoidReport, WMI/DisplayDrivers/NVIDIA

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/8/2

脆弱性公開日: 2019/8/2

参照情報

CVE: CVE-2019-5685

IAVA: 2019-A-0063-S