Oracle Linux 8:libarchive(ELSA-2020-0271)

high Nessus プラグイン ID 133331

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つまたは複数のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

出典:Red Hatセキュリティアドバイザリ2020:0271:libarchiveの更新プログラムが、Red Hat Enterprise Linux 8で利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要と評価しています。詳細な重大度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。libarchiveプログラミングライブラリは、GNU tar、cpio、ISO 9660 CD-ROM画像などの、いくつかの異なるストリーミングアーカイブフォーマットを作成して読み取ることができます。Libarchive は特に、bsdtar ユーティリティ、python-libarchive などのスクリプト言語バインディング、およびいくつかの人気のあるデスクトップファイルマネージャーで使用されています。セキュリティ修正プログラム:* libarchive:アーカイブエントリの解凍にエラーがあるときのarchive_read_format_rar_read_dataにおけるメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2019-18408)影響、CVSSスコア、謝辞、その他の関連情報を含むセキュリティ問題の詳細については、「参照」セクションに記載されているCVEのページを参照してください。

ソリューション

影響を受けるlibarchiveパッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2020-January/009561.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 133331

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2020-0271.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/1/30

更新日: 2020/2/3

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:bsdtar, p-cpe:/a:oracle:linux:libarchive, p-cpe:/a:oracle:linux:libarchive-devel, cpe:/o:oracle:linux:8

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/1/29

脆弱性公開日: 2019/10/24

参照情報

CVE: CVE-2019-18408

RHSA: 2020:0271