RHEL 8:firefox(RHSA-2020:0295)

medium Nessus プラグイン ID 133386
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 8.4

概要

リモートのRed Hatホストに1つまたは複数のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

firefoxの更新プログラムが、Red Hat Enterprise Linux 8.0 Update Services for SAP Solutionsで利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度最高と評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。Mozilla Firefoxは、標準コンプライアンス、パフォーマンス、移植性を特徴とするオープンソースのWebブラウザーです。この更新プログラムで、Firefoxがバージョン68.4.1 ESRにアップグレードされます。セキュリティ修正プログラム:* Mozilla:IonMonkeyのStoreElementHoleおよびFallibleStoreElementとの型の取り違え(CVE-2019-17026)* Mozilla:worker destructionにおけるメモリ解放後使用(Use-after-free)(CVE-2019-17008)* Mozilla:Firefox 71とFirefox ESR 68.3でメモリ安全性のバグが修正(CVE-2019-17012)* Mozilla:ペースト時の@namespace CSSサニタイズのバイパス(CVE-2019-17016)* Mozilla:XPCVariant.cppでの型の取り違え(CVE-2019-17017)* Mozilla:Firefox 72およびFirefox ESR 68.4で修正されたメモリ安全性のバグ(CVE-2019-17024)* Mozilla:プレーンテキストシリアライザーのバッファオーバーフロー(CVE-2019-17005)* Mozilla:デバイスの向きの確認を実行するときのメモリ解放後使用(use-after-free)(CVE-2019-17010)* Mozilla:アンチトラッキング状態のドキュメントを取得するときのメモリ解放後使用(Use-after-free)(CVE-2019-17011)* Mozilla:CSSサニタイズがHTMLタグをエスケープしない(CVE-2019-17022)影響、CVSSスコア、謝辞、その他の関連情報を含むセキュリティ問題の詳細については、「参照」セクションに記載されているCVEのページを参照してください。

ソリューション

影響を受けるfirefox、firefox-debuginfo、firefox-debugsourceパッケージを更新してください。

関連情報

https://cwe.mitre.org/data/definitions/79.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/120.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/416.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/843.html

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-17005

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-17008

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-17010

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-17011

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-17012

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-17016

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-17017

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-17022

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-17024

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-17026

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2020:0295

https://bugzilla.redhat.com/1779431

https://bugzilla.redhat.com/1779434

https://bugzilla.redhat.com/1779435

https://bugzilla.redhat.com/1779436

https://bugzilla.redhat.com/1779437

https://bugzilla.redhat.com/1788723

https://bugzilla.redhat.com/1788724

https://bugzilla.redhat.com/1788726

https://bugzilla.redhat.com/1788727

https://bugzilla.redhat.com/1789214

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 133386

ファイル名: redhat-RHSA-2020-0295.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/1/31

更新日: 2021/3/24

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: Medium

VPR スコア: 8.4

CVSS スコアのソース: CVE-2019-17026

CVSS v2.0

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性の情報

CPE: cpe:/o:redhat:rhel_e4s:8.0, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:firefox, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:firefox-debugsource

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/1/30

脆弱性公開日: 2019/12/3

参照情報

CVE: CVE-2019-17005, CVE-2019-17008, CVE-2019-17010, CVE-2019-17011, CVE-2019-17012, CVE-2019-17016, CVE-2019-17017, CVE-2019-17022, CVE-2019-17024, CVE-2019-17026

RHSA: 2020:0295

CWE: 79, 120, 416, 843