RHEL 8:カーネル(RHSA-2020:0339)

critical Nessus プラグイン ID 133480
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのRed Hatホストに1つまたは複数のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

カーネルの更新プログラムがRed Hat Enterprise Linux 8で利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高と評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。カーネルパッケージにはLinuxオペレーティングシステムのコアであるLinuxカーネルが含まれています。セキュリティ修正プログラム:Marvell WiFiドライバーのmwifiex_update_vs_ie()関数におけるヒープオーバーフロー(CVE-2019-14816)* kernel:drivers/net/wireless/marvell/mwifiex/sta_ioctl.cのmwifiex_process_country_ie()関数におけるヒープベースのバッファオーバーフロー(CVE-2019-14895)* kernel:marvell/mwifiex/tdls.cにおけるヒープオーバーフロー(CVE-2019-14901)* kernel:Linuxカーネルにおいてdrivers/net/wireless/realtek/rtlwifi/ps.cのrtl_p2p_noa_ieに特定の上限チェックがないため、バッファオーバーフローが発生する(CVE-2019-17666)* kernel:DoSにつながるMarvell Wifiドライバーのmwifiex_set_uap_rates()関数におけるヒープオーバーフロー(CVE-2019-14814)* kernel:DoSにつながるMarvell WiFiドライバーのmwifiex_set_wmm_params()関数におけるヒープオーバーフロー(CVE-2019-14815)* kernel:CVE-2019-11599でのmmget_not_zero()/ get_task_mm()とコアダンプ間の競合状態の不完全な修正(CVE-2019-14898)* Kernel:KVM:MSR_IA32_TSX_CTRLをゲストにエクスポート - TAA(CVE-2019-11135)の不完全な修正(CVE-2019-19338)影響、CVSSスコア、謝辞、その他の関連情報を含むセキュリティ問題の詳細については、「参照」セクションに記載されているCVEのページを参照してください。バグ修正プログラム: * [Azure][8.1]パッチ「PCI:hv:解放後hv_pci_dev->pci_slotの使用を回避」を含める(BZ#1764635)*ブロックレイヤー:v5.3に更新(BZ#1777766)* backport xfs:EDQUOTが原因でxfs_setattr_nonsizeが失敗するとき、欠落したILOCKアンロックを修正(BZ#1778692)*重要なバグ修正をupstream post 5.3からバックポート(BZ#1778693)*ストレージ側のケーブル引き抜きテスト中、RHEL 8.0サーバーのEmulex LPe32002 HBAでLUNパス回復の問題(BZ#1781108)* cifsタスクがD状態になり、「CIFS VFS: SMB signature verification returned error = -5」でエラーアウトする(BZ#1781110)* CIFSをlinux 5.3に更新(RDMAとコンフリクトを除く)(BZ#1781113)* RHEL8.0 - POWERにおけるSAP HANAのRHEL8.0検証中に見つかったforce_latencyの変更による、RHEL7.6への回帰(BZ#1781114)* blk-mq:実際のMQデバイスにおけるオーバーライトのパフォーマンスの低下(BZ#1782181)

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://cwe.mitre.org/data/definitions/120.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/122.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/203.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/362.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/385.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/400.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/667.html

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-14814

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-14815

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-14816

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-14895

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-14898

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-14901

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-17666

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-19338

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2020:0339

https://bugzilla.redhat.com/1744130

https://bugzilla.redhat.com/1744137

https://bugzilla.redhat.com/1744149

https://bugzilla.redhat.com/1763690

https://bugzilla.redhat.com/1773519

https://bugzilla.redhat.com/1774671

https://bugzilla.redhat.com/1774870

https://bugzilla.redhat.com/1781514

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 133480

ファイル名: redhat-RHSA-2020-0339.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/2/5

更新日: 2021/10/13

依存関係: ssh_get_info.nasl, redhat_repos.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2019-14901

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:redhat:enterprise_linux:8, cpe:/o:redhat:rhel_aus:8.2, cpe:/o:redhat:rhel_aus:8.4, cpe:/o:redhat:rhel_e4s:8.1, cpe:/o:redhat:rhel_e4s:8.2, cpe:/o:redhat:rhel_e4s:8.4, cpe:/o:redhat:rhel_eus:8.1, cpe:/o:redhat:rhel_eus:8.2, cpe:/o:redhat:rhel_eus:8.4, cpe:/o:redhat:rhel_tus:8.2, cpe:/o:redhat:rhel_tus:8.4, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:bpftool, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-core, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-cross-headers, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-core, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-modules, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-modules-extra, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-modules, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-modules-extra, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-tools, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-tools-libs, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-tools-libs-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-zfcpdump, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-zfcpdump-core, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-zfcpdump-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-zfcpdump-modules, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-zfcpdump-modules-extra, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:perf, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python3-perf

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/2/4

脆弱性公開日: 2019/8/29

参照情報

CVE: CVE-2019-14814, CVE-2019-14815, CVE-2019-14816, CVE-2019-14895, CVE-2019-14898, CVE-2019-14901, CVE-2019-17666, CVE-2019-19338

RHSA: 2020:0339

CWE: 120, 122, 203, 362, 385, 400, 667