HPE Intelligent Management Center dbman Command 10018の複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 133605

概要

リモートホストで実行されているデータベースバックアップと復旧ツールは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行されているHPE Intelligent Management Center(iMC)のdbman処理は、複数の脆弱性の影響を受けます。 - ユーザー指定データが不適切に検証されているため、コマンドインジェクションの脆弱性があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工された一連のリクエストを通じて任意のコマンドを実行する可能性があります。(CVE-2019-5390)- ユーザー指定のデータが不適切に検証されているため、スタックベースのバッファオーバーフロー状態があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工された一連のリクエストを通じてサービス拒否状態を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2019-5391)注意:リモートホストで実行されているHPE iMCがその他の脆弱性の影響を受けることが報告されていますが、このプラグインはそれらについてテストしていません。

ソリューション

HPE iMCをバージョン7.3 E0705以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?c43db212

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 133605

ファイル名: hp_imc_dbman_cmd_10018_multi_vulns.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2020/2/11

更新日: 2022/4/11

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2019-5390

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:hp:intelligent_management_center

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/5/9

脆弱性公開日: 2019/3/20

参照情報

CVE: CVE-2019-5390, CVE-2019-5391