Amazon Linux 2:thunderbird(ALAS-2020-1393)

medium Nessus プラグイン ID 133652
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 8.4

概要

リモートのAmazon Linux 2ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

<style>タグをクリップボードからリッチテキストエディターに貼り付けるとき、CSSサニタイザーが@namespaceルールを誤って書き換えます。これにより、特定の種類のWebサイトへの注入が可能になり、データが流出する可能性があります。この脆弱性は、Firefox ESR < 68.4およびFirefox < 72に影響します。(CVE-2019-17016)Mozilla開発者は、Firefox 71およびFirefox ESR 68.3にメモリ安全性のバグがあることを報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠があり、これらのいくつかは十分な労力を費やせば任意のコードを実行するために悪用できた可能性があります。この脆弱性は、Firefox ESR < 68.4およびFirefox < 72に影響します。(CVE-2019-17024)<style>タグをクリップボードからリッチテキストエディターに貼り付けるとき、CSSサニタイザーが < and > 文字をエスケープしません。結果として生じる文字列はエレメントのテキストノードに直接貼り付けられるため、Webページに直接挿入されることはありません。ただし、その後WebページがノードのinnerHTMLをコピーして別のinnerHTMLに割り当てると、XSSの脆弱性が発生します。2つのWYSIWYGエディターでこの動作が特定されましたが、さらに多くのエディターが存在する可能性があります。この脆弱性は、Firefox ESR < 68.4およびFirefox < 72に影響します。(CVE-2019-17022)ケース処理オブジェクトタイプの欠落により、型の取り違えの脆弱性が発生し、クラッシュする可能性があります。十分な労力を費やせば任意のコードを実行するために悪用できた可能性があります。この脆弱性は、Firefox ESR < 68.4およびFirefox < 72に影響します。(CVE-2019-17017)IonMonkey JITコンパイラーで配列要素を設定するための誤ったエイリアス情報により、型の取り違えが発生する可能性があります。この欠陥を悪用した標的型攻撃が認識されています。(CVE-2019-17026)

ソリューション

「yum update thunderbird」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2020-1393.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 133652

ファイル名: al2_ALAS-2020-1393.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/2/13

更新日: 2020/5/29

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: Medium

VPR スコア: 8.4

CVSS v2.0

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:thunderbird, p-cpe:/a:amazon:linux:thunderbird-debuginfo, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/2/13

脆弱性公開日: 2020/1/8

参照情報

CVE: CVE-2019-17016, CVE-2019-17017, CVE-2019-17022, CVE-2019-17024, CVE-2019-17026

ALAS: 2020-1393