Mozilla Thunderbird < 68.5

high Nessus プラグイン ID 133690

概要

リモートのmacOSまたはMac OS Xホストにインストールされているメールクライアントは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートのmacOSまたはMac OS XにインストールされているThunderbirdのバージョンは、68.5より前です。したがって、mfsa2020-07のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。- 不正な形式のエンベロープを持つ電子メールメッセージを処理するとき、Thunderbirdが不特定のメモリロケーションからデータを読み取る可能性があります。(CVE-2020-6793)- Thunderbird 60使用以前にユーザーがパスワードを保存し、使用以後にマスターパスワードを設定した場合、暗号化されていないこれらのパスワードのコピーにアクセスすることが可能です。これは、データがThunderbird 60以降の新しい形式にコピーされたときに、保存されていた古いパスワードファイルが削除されなかったことが原因です。新しいマスターパスワードは新しいファイルにのみ追加されます。これにより、保存されているパスワードデータが、ユーザーの予想に反して漏えいする可能性があります。(CVE-2020-6794)- 複数のS/MIME署名を含むメッセージを処理するとき、MIME処理コードのバグによって、NULLポインターデリファレンスが引き起こされ、使用不能となるクラッシュにつながる可能性があります。(CVE-2020-6795)- .fileloc拡張子の付いたファイルをダウンロードすることで、準特権を持つ拡張子によって、任意のアプリケーションがユーザーのコンピューターで起動される可能性があります。攻撃者は、検疫を受けていないファイルをダウンロードできず、またコマンドライン引数をアプリケーションに供給できないため、制限を受け、影響は限定的です。なお、この問題はMac OSXにおいてのみ発生します。その他のオペレーティングシステムは影響を受けません。(CVE-2020-6797)- <template>タグが<select%gt; タグで使用された場合、パーサーが混同し、許可されるべきではないときに、JavaScriptの解析と実行が許可される可能性があります。その結果、ブラウザが正常に動作することに依存するサイトは、クロスサイトスクリプティングの脆弱性の影響を受けます。一般に、Thunderbird製品では、メールの読み取り時にスクリプティングが無効になっているので、この欠陥はメールを使っては悪用できません。ただし、ブラウザまたはブラウザに似たコンテキストではリスクが生じる可能性があります。(CVE-2020-6798)- メールメッセージの識別子を抽出するとき、メッセージのコンテンツのほか、初期化されていないメモリが使用されました。(CVE-2020-6792)- Mozillaの開発者およびコミュニティメンバーのRaul Gurzau氏、Tyson Smith氏、Bob Clary氏、Liz Henry氏、Christian Holler氏は、Firefox 72およびFirefox ESR 68.4にメモリ安全性のバグがあることを報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、手間をかけることにより、これらの一部が悪用され、任意のコードが実行される可能性があると推測しています。一般に、Thunderbird製品では、メールの読み取り時にスクリプティングが無効になっているので、この欠陥はメールを使っては悪用できません。ただし、ブラウザまたはブラウザに似たコンテキストではリスクが生じる可能性があります。(CVE-2020-6800)Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Mozilla Thunderbirdをバージョン68.5以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2020-07/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 133690

ファイル名: macos_thunderbird_68_5.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: macosx

公開日: 2020/2/14

更新日: 2020/5/8

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-6800

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mozilla:thunderbird

必要な KB アイテム: MacOSX/Thunderbird/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/2/11

脆弱性公開日: 2020/2/11

参照情報

CVE: CVE-2020-6792, CVE-2020-6793, CVE-2020-6794, CVE-2020-6795, CVE-2020-6797, CVE-2020-6798, CVE-2020-6800

MFSA: 2020-07

IAVA: 2020-A-0072-S