OpenSMTPDの重要度緊急のLPE/RCE(CVE-2020-7247)

critical Nessus プラグイン ID 133717

概要

リモートのメールサーバーは、LPE/RCEの脆弱性による影響を受けます。

説明

OpenSMTPDに、サニタイズされていないメール入力によるリモートコード実行の脆弱性が存在します。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用して、認証をバイパスし、ルート権限で任意のコードを実行する可能性があります。

ソリューション

影響を受けるopensmtpdパッケージを更新してください。

関連情報

https://www.openwall.com/lists/oss-security/2020/01/28/3

https://www.openbsd.org/errata66.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 133717

ファイル名: opensmtpd_rce_cve-2020-7247.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: remote

ファミリー: SMTP problems

公開日: 2020/2/14

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-7247

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:openbsd:opensmtpd

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/1/29

脆弱性公開日: 2020/1/28

CISAの既知の悪用日: 2022/4/15

エクスプロイト可能

Metasploit (OpenSMTPD MAIL FROM Remote Code Execution)

参照情報

CVE: CVE-2020-7247