Apache Tomcat 7.0.x < 7.0.100/8.5.x < 8.5.51/9.0.x < 9.0.31の複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 133845

概要

リモートのApache Tomcatサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされているTomcatのバージョンは7.0.xより前の7.0.100、8.5.51より前の8.x、または9.0.31より前の9.0.xです。したがって、複数の脆弱性の影響を受けます。

- リバースプロキシの背後でTransfer-Encodingヘッダーを不適切に処理するため、TomcatにHTTPリクエストスマグリングの脆弱性があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、細工されたHTTPリクエストを通じて意図しないHTTPリクエストを引き起こして、バックエンドに達する可能性があります。(CVE-2019-17569)

- 不正な行末(EOL)解析が原因でTomcatにHTTPリクエストスマグリングの脆弱性があり、無効なHTTPヘッダーの一部が有効と解析される可能性があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、細工されたHTTPリクエストを通じて意図しないHTTPリクエストを引き起こして、バックエンドに達する可能性があります。(CVE-2020-1935)

- 実装の欠陥が原因で、TomcatのApache JServプロトコル(AJP)に任意のファイルが読み取られる脆弱性があります。リモートの認証されていない攻撃者がこれを悪用し、通常の状態なら制限されているファイルにアクセスする可能性があります。Tomcatのインスタンスがファイルのアップロードをサポートしている場合、この脆弱性はリモートでコードを実行するために利用される可能性もあります。(CVE-2020-1938)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Apache Tomcatバージョン7.0.100、8.5.51、または9.0.31以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.cnvd.org.cn/webinfo/show/5415

http://www.nessus.org/u?8ebe6246

http://www.nessus.org/u?4e287adb

http://www.nessus.org/u?cbc3d54e

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 133845

ファイル名: tomcat_9_0_31.nasl

バージョン: 1.15

タイプ: combined

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Web Servers

公開日: 2020/2/21

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-1938

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:apache:tomcat

必要な KB アイテム: installed_sw/Apache Tomcat

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/2/11

脆弱性公開日: 2020/2/20

CISAの既知の悪用日: 2022/3/17

参照情報

CVE: CVE-2019-17569, CVE-2020-1935, CVE-2020-1938

IAVB: 2020-B-0010-S