Xenのサービス拒否の脆弱性(XSA-304)

medium Nessus プラグイン ID 134172

概要

リモートのXenハイパーバイザーのインストールにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

自己報告によるバージョン番号によると、リモートにインストールされているXenハイパーバイザーは、サービス拒否の脆弱性の影響を受けます。一部のCPUにはエラータが存在し、TLBを無効化せずにページテーブルが特定の方法で更新された場合は、命令フェッチによりマシンチェックエラーが発生する可能性があります。x86アーキテクチャはTLBを無効化せずにページテーブルの変更を明示的に許可します。まれなケースですが、影響を受けるコアが動作を停止し、予期しないマシンチェックまたはシステムリセットが発生します。まれに、ゲストカーネルによってトリガーされる可能性があります。

ソリューション

ベンダーのアドバイザリにしたがって適切なパッチを適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?1d5ba048

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 134172

ファイル名: xen_server_XSA-304.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

ファミリー: Misc.

公開日: 2020/3/2

更新日: 2020/3/3

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2018-12207

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.9

Temporal Score: 3.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:C/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:xen:xen

必要な KB アイテム: installed_sw/Xen Hypervisor, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/11/12

脆弱性公開日: 2019/11/12

参照情報

CVE: CVE-2018-12207