Microsoft Windows SMBv3における圧縮のRCE(ADV200005)(CVE-2020-0796)(リモート)

high Nessus プラグイン ID 134421
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 10

概要

リモートのWindowsホストはSMBの脆弱なバージョンを使用しています。

説明

悪意をもって細工された圧縮データパケットを処理する方法が原因で、リモートでコードが実行される脆弱性が、Microsoft Server Message Block 3.1.1(SMBv3)プロトコルにあります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用して認証をバイパスし、任意のコマンドを実行する可能性があります。

なお、プラグインは、圧縮されたSMB 3.1.1が有効となっているかどうかをチェックします。現在は脆弱性そのものは検証しません。

ソリューション

Microsoftは、ADV200005アドバイザリで、詳細とガイダンスを追加しています。

関連情報

http://www.nessus.org/u?736703d3

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 134421

ファイル名: smb_microsoft_windows_adv200005_remote.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: remote

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2020/3/11

更新日: 2020/9/3

依存関係: smb_dialects_enabled.nasl

構成: パラノイドモードが有効

リスク情報

リスクファクター: High

VPR スコア: 10

CVSS スコアのソース: CVE-2020-0796

CVSS v2.0

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 10

Temporal Score: 9.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性の情報

CPE: cpe:/o:microsoft:windows

必要な KB アイテム: SMB/smb_dialect/3.1.1, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/3/12

脆弱性公開日: 2020/3/12

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Metasploit (SMBv3 Compression Buffer Overflow)

参照情報

CVE: CVE-2020-0796