Amazon Linux AMI:tomcat7(ALAS-2020-1352)

critical Nessus プラグイン ID 134574

概要

リモートのAmazon Linux AMIホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

Apache Tomcat 9.0.0.M1から9.0.30、8.5.0から8.5.50、7.0.0から7.0.99のApache Tomcatでは、HTTPヘッダーの解析コードが行末解析に対する手法を使用するため、無効なHTTPヘッダーの一部が有効と解析される可能性がありました。そのため、無効なTransfer-Encodingヘッダーを特定の方法で不適切に処理するリバースプロキシの後方にTomcatがある場合、HTTPリクエストのスマグリングが発生する可能性がありました。そのようなリバースプロキシはありそうもないように思われます。(CVE-2020-1935)9.0.28から9.0.30、8.5.48から8.5.50、7.0.98から7.0.99のApache Tomcatにあるリファクタリングによって、リグレッションが引き起こされました。リグレッションの結果、無効なTransfer-Encodingヘッダーが不適切に処理されることになり、無効なTransfer-Encodingヘッダーを特定の方法で不適切に処理するリバースプロキシの後方にTomcatがある場合、HTTPリクエストのスマグリングが発生する可能性がありました。そのようなリバースプロキシはありそうもないように思われます。(CVE-2019-17569)Apache JServ Protocol(AJP)を使用する場合、Apache Tomcatの受信接続を信頼するときには注意が必要です。Tomcatでは、AJP接続を同様のHTTP接続などに比べて信頼度が高いものとして処理します。そのような接続が攻撃者に使用可能となった場合、意外な方法で悪用される可能性があります。Apache Tomcat 9.0.0.M1から9.0.0.30、8.5.0から8.5.50、7.0.0から7.0.99では、Tomcat は、すべての設定済みIPアドレスでリッスンするAJPコネクタをデフォルトで有効にして出荷しました。このコネクタは不要時には無効化することが望まれます(セキュリティガイドでは推奨されます)。この脆弱性レポートでは以下を許可するメカニズムを識別しました。- Webアプリケーション内の任意の場所から任意のファイルを返す - Webアプリケーションの任意のファイルをJSPとして処理する。さらに、Webアプリケーションがファイルアップロードを許可し、これらのファイルをWebアプリケーション内に保存する(または攻撃者が何らかの別の手段でWebアプリケーションのコンテンツを制御できる)場合、これは、ファイルをJSPとして処理する機能とともに、リモートコード実行を可能にしました。AJPポートが信頼できないユーザーにアクセス可能である場合にのみ、緩和策が必要であることに注意してください。多層防御手法を採用して、任意のファイルを返しJSPとして実行する許可を与えるベクトルをブロックする必要があるユーザーは、Apache Tomcat 9.0.31、8.5.51、または7.0.100以降にアップグレードできます。9.0.31のデフォルトのAJPコネクタ設定には複数の変更が施され、デフォルトの設定が強化されました。9.0.31、8.5.51、または7.0.100以降にアップグレードするユーザーは、その設定にわずかな変更を加える必要がある可能性があります。(CVE-2020-1938)このCVEに対する修正の一部として、アップストリームの変更に合わせる形で、デフォルト設定のTomcat 2019 AJPコネクタが無効化されています。この変更によって、(AJPコネクタがこれまで有効化されていた)デフォルトのTomcat設定を使用するユーザーは、必要に応じてコネクタを明示的に再度有効化する必要があります。また、明示的なアドレスがなく設定されたコネクタは、ループバックアドレスにのみバインドされます。tomcat8およびtomcat7の更新前後のnetstatからの出力例は以下のとおりです(tomcat7およびtomcat8のどちらもAL1およびAL2について同じである点に注意してください)。AL1 tomcat7:before:tcp6 0 0 :::8009 :::* LISTEN 25772/java tcp6 0 0 :::8080 :::* LISTEN 25772/java tcp6 0 0 127.0.0.1:8005 :::* LISTEN 25772/java After : tcp6 0 0 :::8080 :::* LISTEN 25772/java tcp6 0 0 127.0.0.1:8005 :::* LISTEN 25772/java AL1のTomcatのAJPポートを再有効化するには、/etc/tomcat{TOMCAT_VERSION}/server.xmlの次の行のコメントを解除しサービスを再起動します:<!-- <Connector protocol='AJP/1.3' address='::1' port='8009' redirectPort='8443' /> --> 以下も参照してください:Apache Tomcatリリースノート Tomcat 7 <a href='http://tomcat.apache.org/security-8.html#Fixed_in_Apache_Tomcat_ 8.5.51'>Tomcat 8 RedHat <a href='https://access.redhat.com/solutions/4851251'>ソリューション

ソリューション

「yum update tomcat7」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?177285c3

https://alas.aws.amazon.com/ALAS-2020-1352.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 134574

ファイル名: ala_ALAS-2020-1352.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/3/16

更新日: 2022/3/8

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-1938

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:tomcat7, p-cpe:/a:amazon:linux:tomcat7-admin-webapps, p-cpe:/a:amazon:linux:tomcat7-docs-webapp, p-cpe:/a:amazon:linux:tomcat7-el-2.2-api, p-cpe:/a:amazon:linux:tomcat7-javadoc, p-cpe:/a:amazon:linux:tomcat7-jsp-2.2-api, p-cpe:/a:amazon:linux:tomcat7-lib, p-cpe:/a:amazon:linux:tomcat7-log4j, p-cpe:/a:amazon:linux:tomcat7-servlet-3.0-api, p-cpe:/a:amazon:linux:tomcat7-webapps, cpe:/o:amazon:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/3/13

脆弱性公開日: 2020/2/24

CISAの既知の悪用日: 2022/3/17

参照情報

CVE: CVE-2019-17569, CVE-2020-1935, CVE-2020-1938

ALAS: 2020-1352