Check Pointのローカル権限の昇格

high Nessus プラグイン ID 134890

概要

リモートホストに、ベンダー提供のセキュリティパッチがありません。

説明

リモートホストはCheckpoint Endpoint Security初期クライアントのバージョンを実行していますが、このバージョンはローカルの権限の昇格の脆弱性に対して脆弱です。この脆弱性の原因は、脆弱なバージョンが、クリーンインストールのPATHの場所にあるDLLを読み込もうとするためです。攻撃者が、巧妙に作りこまれたDLLを任意のPATHの場所に配置して、この脆弱性を利用する可能性があります。被害者がCheck Point Endpoint Security初期クライアントをインストールすると、DLLがそのユーザーとして実行されます。(CVE-2019-8461)

ソリューション

回避策については、ベンダーのアドバイザリを参照してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?bc8c6396

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 134890

ファイル名: check_point_sk161792.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

ファミリー: Firewalls

公開日: 2020/3/25

更新日: 2020/3/26

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-8461

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:checkpoint:remote_access_clients

必要な KB アイテム: SMB/Check Point Remote Access Client/98.6.1008.0/VerUI, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/8/26

脆弱性公開日: 2019/8/31

参照情報

CVE: CVE-2019-8461