Apple iTunes < 12.10.5の複数の脆弱性(認証情報なしの確認)(HT211105)

critical Nessus プラグイン ID 135031

概要

リモートホストにインストールされているアプリケーションは、複数の脆弱性の影響を受けます

説明

リモートWindowsホストにインストールされているApple iTunesのバージョンは、12.10.5より前です。したがって、HT211105アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

- libxm12のバッファオーバーフローの問題に、サイズ検証とバッファオーバーフローの問題がありました (CVE-2020-3910、CVE-2020-3909、CVE-2020-3911)。

- WebKitの型取り違えの問題が、悪意を持って細工されたコードの実行につながる可能性があります(CVE-2020-3901)。

- WebKitのメモリ破損の問題が、任意のコード実行の脆弱性を引き起こす可能性があります(CVE-2020-3895、CVE-2020-3900)。

その他の脆弱性は、HT211105アドバイザリで詳述されています。

ソリューション

Apple iTunesバージョン12.10.5以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://support.apple.com/en-us/HT211105

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 135031

ファイル名: itunes_12_10_5_banner.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: remote

ファミリー: Peer-To-Peer File Sharing

公開日: 2020/3/31

更新日: 2022/5/13

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 7.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-3899

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-3911

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:apple:itunes

必要な KB アイテム: installed_sw/iTunes DAAP

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/3/20

脆弱性公開日: 2020/3/20

参照情報

CVE: CVE-2020-3885, CVE-2020-3887, CVE-2020-3894, CVE-2020-3895, CVE-2020-3897, CVE-2020-3899, CVE-2020-3900, CVE-2020-3901, CVE-2020-3902, CVE-2020-3909, CVE-2020-3910, CVE-2020-3911, CVE-2020-9783

APPLE-SA: HT211105, APPLE-SA-2020-03-20