CentOS 7:ImageMagick / autotrace / emacs / inkscape(CESA-2020: 1180)

critical Nessus プラグイン ID 135354
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのCentOSホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムが欠落しています。

説明

リモートのRedhat Enterprise Linux 7ホストにインストールされているパッケージは、RHSA-2020: 1180アドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- ImageMagick: coders/dds.c内のReadDDSInfo関数におけるCPU枯渇の脆弱性(CVE-2017-1000476)

- ImageMagick: coders/xwd.c内のReadXWDImage関数におけるメモリリークの脆弱性(CVE-2017-11166)

- ImageMagick: サービス拒否を引き起こすReadTIFFImage関数のメモリ枯渇(CVE-2017-12805)

- ImageMagick: サービス拒否を引き起こすformat8BIM関数のメモリ枯渇(CVE-2017-12806)

- ImageMagick: coders/pcd.c内のReadPCDImage関数におけるメモリリーク(CVE-2017-18251)

- ImageMagick: MagicMWand/mogrify.c内のMogrifyImageList関数におけるアサーション失敗(CVE-2017-18252)

- ImageMagick: coders/gif.c内のWriteGIFImage関数におけるメモリリーク(CVE-2017-18254)

- ImageMagick: coders/miff.c内のReadMIFFImage関数における無限ループ(CVE-2017-18271)

- ImageMagick: coders/txt.c内のReadTXTImage関数における無限ループ(CVE-2017-18273)

- ImageMagick: coders/png.c内の無限ループ: 攻撃者はReadOneMNGImage()を使用して、細工したMNGファイルを介してサービス拒否を引き起こすことができる(CVE-2018-10177)

- ImageMagick: WriteTIFFImageでのメモリリーク(CVE-2018-10804)

- ImageMagick: ReadYCBCRImageでのメモリリーク(CVE-2018-10805)

- ImageMagick: coders/dcm.c内のReadDCMImage関数におけるメモリリーク(CVE-2018-11656)

- ImageMagick: coders/bmp.c内のReadBMPImageとWriteBMPImageにおける領域外書き込み(CVE-2018-12599)

- ImageMagick: coders/dib.c内のReadDIBImageとWriteDIBImageにおける領域外書き込み(CVE-2018-12600)

- ImageMagick: MagickkCore/animate.c内のXMagickCommand関数におけるメモリリーク(CVE-2018-13153)

- ImageMagick: coders/mpc.c内のWriteMPCImageにおけるカラーマップのメモリリーク(CVE-2018-14434)

- ImageMagick: coders/pcd.c内のDecodeImageにおけるメモリリーク(CVE-2018-14435)

- ImageMagick: coders/miff.c内のReadMIFFImageにおけるメモリリーク(CVE-2018-14436)

- ImageMagick: coders/meta.c内のparse8BIMにおけるメモリリーク(CVE-2018-14437)

- ImageMagick: 細工された入力ファイルを介したCPU枯渇(CVE-2018-15607)

- ImageMagick: MagickCore/log.c内のCheckEventLogging関数におけるNULLポインターデリファレンス(CVE-2018-16328)

- ImageMagick: coders/png.c内のReadOneJNGImageにおける到達可能なアサーション(CVE-2018-16749)

- ImageMagick: coders/meta.c内のformatIPTCfromBuffer関数におけるメモリリーク(CVE-2018-16750)

- ImageMagick: coders/msl.c内のWriteMSLImageにおけるメモリリーク(CVE-2018-18544)

- ImageMagick: coders/bmp.c内の無限ループ(CVE-2018-20467)

- ImageMagick: coders/ept.c内のWriteEPTImage関数における二重解放(CVE-2018-8804)

- ImageMagick: coders/tiff.c内のDecodeLabImageおよびEncodeLabImage関数における過度の反復(CVE-2018-9133)

- ImageMagick: coders/meta.c内のformatIPTCfromBuffer関数におけるoff-by-one読み取り(CVE-2019-10131)

- ImageMagick: 細工された画像ファイルを介したサービス拒否または情報漏洩につながるcoder/tiff.c内のWriteTIFFImageにおけるヒープベースのバッファオーバーリード(CVE-2019-10650)

- ImageMagick: cineon解析コンポーネントにおけるサービス拒否(CVE-2019-11470)

- ImageMagick: XWD画像解析コンポーネントのcoders/xwd.c内のReadXWDImageにおけるサービス拒否(CVE-2019-11472)

- ImageMagick: DoSまたは情報漏洩につながるcoder/tiff.c内のWriteTIFFImage関数におけるヒープベースのバッファオーバーリード(CVE-2019-11597)

- ImageMagick: DoSまたは情報漏洩につながるcoder/pnm.c内のWritePNMImage関数におけるヒープベースのバッファオーバーリード(CVE-2019-11598)

- imagemagick: サービス拒否を引き起こす、coders/pango.c内のReadPAangoImage関数およびcoders/vid.c内のReadVIDImageにおけるNULLポインターデリファレンス(CVE-2019-12974)

- imagemagick: coders/dpx.c内のWriteDPXImage関数におけるメモリリークの脆弱性(CVE-2019-12975)

- imagemagick: coders/pcl.c内のReadPCLImage関数におけるメモリリークの脆弱性(CVE-2019-12976)

- imagemagick: coders/pango.c内のReadPAangoImage関数における初期化されていない値の使用(CVE-2019-12978)

- imagemagick: MagickCore/image.c内のfunctionSyncImageSettingsにおける初期化されていない値の使用(CVE-2019-12979)

- ImageMagick: coders/bmp.c内のReadBMPImage関数におけるメモリリークの脆弱性(CVE-2019-13133)

- ImageMagick: coder/viff.c内のReadVIFFImage関数におけるメモリリークの脆弱性(CVE-2019-13134)

- ImageMagick: クラッシュとDoSにつながるReadCUTImage関数における初期化されていない値の使用の脆弱性(CVE-2019-13135)

- ImageMagick: 0の幅が不適切に処理されることによる、AdaptiveThresholdImageのMagickCore/threshold.cにおけるヒープベースのバッファオーバーリード(CVE-2019-13295)

- ImageMagick: 0の高さが不適切に処理されることによる、AdaptiveThresholdImageのMagickCore/threshold.cにおけるヒープベースのバッファオーバーリード(CVE-2019-13297)

- ImageMagick: 列の不適切な処理による、EvaluateImagesのMagickCore/statistic.cにおけるヒープベースのバッファオーバーフロー(CVE-2019-13300)

- ImageMagick: AcquireMagickMemoryにおけるメモリリーク(CVE-2019-13301)

- ImageMagick: 割り当ての配置ミスによる、WritePNMImageのcoders/pnm.cにおけるスタックベースのバッファオーバーフロー(CVE-2019-13304)

- ImageMagick: strncpyの配置ミスとoff-by-oneエラーによる、WritePNMImageのcoders/pnm.cにおけるスタックベースのバッファオーバーフロー(CVE-2019-13305)

- ImageMagick: off-by-oneエラーによる、WritePNMImageのcoders/pnm.cにおけるスタックベースのバッファオーバーフロー(CVE-2019-13306)

- ImageMagick: 行の不適切な処理による、EvaluateImagesのMagickCore/statistic.cにおけるヒープベースのバッファオーバーフロー(CVE-2019-13307)

- ImageMagick: CLIListOperatorImagesのNoSuchImageエラーの不適切な処理による、AcquireMagickMemoryにおけるメモリリーク(CVE-2019-13309)

- ImageMagick: MagicMWand/mogrify.c内のエラーによる、AcquireMagickMemoryにおけるメモリリーク(CVE-2019-13310)

- ImageMagick: wand/mogrify.cエラーによる、AcquireMagickMemoryにおけるメモリリーク(CVE-2019-13311)

- ImageMagick: MagickCore/layer.c内のRemoveDuplicateLayersにおけるゼロ除算(CVE-2019-13454)

- ImageMagick: サービス拒否につながる、magick/blob.c内のメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2019-14980)

- ImageMagick: MagickCore/feature.c内のMeanShiftImageにおけるゼロ除算(CVE-2019-14981)

- ImageMagick: coders/xwd.c内のReadXWDImageにおける領域外読み取り(CVE-2019-15139)

- ImageMagick: coders/mat.c内のReadMATImageにおけるメモリ解放後使用(CVE-2019-15140)

- ImageMagick: coder/tiff.c内のWriteTIFFImageにおけるヒープベースのバッファオーバーフロー(CVE-2019-15141)

- ImageMagick: magick/xwindow.c内のメモリリーク(CVE-2019-16708)

- ImageMagick: coders/dps.c内のメモリリーク(CVE-2019-16709)

- ImageMagick: coders/dot.c内のメモリリーク(CVE-2019-16710、CVE-2019-16713)

- ImageMagick: coders/ps2.c内のHuffman2DEncodeImageにおけるメモリリーク(CVE-2019-16711)

- ImageMagick: coders/ps3.c内のHuffman2DEncodeImageにおけるメモリリーク(CVE-2019-16712)

- ImageMagick: coders/ps.c内のReadPSInfoにおけるヒープベースのバッファオーバーフロー(CVE-2019-17540)

- ImageMagick: coders/jpeg.c内のReadICCProfile関数におけるメモリ解放後使用(CVE-2019-17541)

- ImageMagick: coders/sgi.c内のWriteSGIImageにおけるヒープベースのバッファオーバーフロー(CVE-2019-19948)

- ImageMagick: coders/png.c内のWritePNGImageにおけるヒープベースのバッファオーバーリード(CVE-2019-19949)

- imagemagick: coders/pcd.c内の関数DecodeImageにおけるメモリリーク(CVE-2019-7175)

- ImageMagick: coders/pdf.c内のWritePDFImage関数におけるメモリリーク(CVE-2019-7397)

- ImageMagick: coders/dib.c内のWriteDIBImage関数におけるメモリリーク(CVE-2019-7398)

- imagemagick: coders/ps.c内のPopHexPixel関数におけるスタックベースのバッファオーバーフロー(CVE-2019-9956)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?f508a75e

http://www.nessus.org/u?5525b51f

http://www.nessus.org/u?9f4fa0d1

http://www.nessus.org/u?1f951dbe

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 135354

ファイル名: centos_RHSA-2020-1180.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/4/10

更新日: 2020/6/5

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2018-16328

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:centos:centos:ImageMagick, p-cpe:/a:centos:centos:imagemagick-c%2b%2b, p-cpe:/a:centos:centos:imagemagick-c%2b%2b-devel, p-cpe:/a:centos:centos:ImageMagick-devel, p-cpe:/a:centos:centos:ImageMagick-doc, p-cpe:/a:centos:centos:ImageMagick-perl, p-cpe:/a:centos:centos:autotrace, p-cpe:/a:centos:centos:autotrace-devel, p-cpe:/a:centos:centos:emacs, p-cpe:/a:centos:centos:emacs-common, p-cpe:/a:centos:centos:emacs-el, p-cpe:/a:centos:centos:emacs-filesystem, p-cpe:/a:centos:centos:emacs-nox, p-cpe:/a:centos:centos:emacs-terminal, p-cpe:/a:centos:centos:inkscape, p-cpe:/a:centos:centos:inkscape-docs, p-cpe:/a:centos:centos:inkscape-view, cpe:/o:centos:centos:7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/CentOS/release, Host/CentOS/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/4/8

脆弱性公開日: 2017/7/10

参照情報

CVE: CVE-2017-1000476, CVE-2017-11166, CVE-2017-12805, CVE-2017-12806, CVE-2017-18251, CVE-2017-18252, CVE-2017-18254, CVE-2017-18271, CVE-2017-18273, CVE-2018-10177, CVE-2018-10804, CVE-2018-10805, CVE-2018-11656, CVE-2018-12599, CVE-2018-12600, CVE-2018-13153, CVE-2018-14434, CVE-2018-14435, CVE-2018-14436, CVE-2018-14437, CVE-2018-15607, CVE-2018-16328, CVE-2018-16749, CVE-2018-16750, CVE-2018-18544, CVE-2018-20467, CVE-2018-8804, CVE-2018-9133, CVE-2019-10131, CVE-2019-10650, CVE-2019-11470, CVE-2019-11472, CVE-2019-11597, CVE-2019-11598, CVE-2019-12974, CVE-2019-12975, CVE-2019-12976, CVE-2019-12978, CVE-2019-12979, CVE-2019-13133, CVE-2019-13134, CVE-2019-13135, CVE-2019-13295, CVE-2019-13297, CVE-2019-13300, CVE-2019-13301, CVE-2019-13304, CVE-2019-13305, CVE-2019-13306, CVE-2019-13307, CVE-2019-13309, CVE-2019-13310, CVE-2019-13311, CVE-2019-13454, CVE-2019-14980, CVE-2019-14981, CVE-2019-15139, CVE-2019-15140, CVE-2019-15141, CVE-2019-16708, CVE-2019-16709, CVE-2019-16710, CVE-2019-16711, CVE-2019-16712, CVE-2019-16713, CVE-2019-17540, CVE-2019-17541, CVE-2019-19948, CVE-2019-19949, CVE-2019-7175, CVE-2019-7397, CVE-2019-7398, CVE-2019-9956

RHSA: 2020:1180