Oracle Linux 8:カーネル(ELSA-2020-1372)

medium Nessus プラグイン ID 135378

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 8ホストに、ELSA-2020-1372アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

-Spectre-RSBの緩和策がすべての該当するCPUに適用されていないため、powerpc上の5.4.1より前のLinuxカーネルが情報漏洩を引き起こす可能性があります(別名CID-39e72bf96f58)。これは、arch/powerpc/kernel/entry_64.Sとarch/powerpc/kernel/security.cに関連します。(CVE-2019-18660)

-powerpcプラットフォーム上の5.2.14までのLinuxカーネルでは、ローカルユーザーが、機能使用不可の例外を介して他のユーザーのプロセスのベクトルレジスタを読み取ることができます。この脆弱性を悪用するために、ローカルユーザーは(ハードウェアトランザクションメモリ命令tbeginを使用して)トランザクションを開始し、ベクトルレジスタにアクセスします。arch/powerpc/kernel/process.cのチェックがないため、ある時点で、ベクトルレジスターが異なるローカルLinuxプロセスからの値で破損する可能性があります。(CVE-2019-15030)

-powerpcプラットフォーム上の5.2.14までのLinuxカーネルでは、ローカルユーザーが、割り込みを介して他のユーザーのプロセスのベクトルレジスタを読み取ることができます。この脆弱性を悪用するために、ローカルユーザーは(ハードウェアトランザクションメモリ命令tbeginを使用して)トランザクションを開始し、ベクトルレジスタにアクセスします。arch/powerpc/kernel/process.cでMSR_TM_ACTIVEが誤用されたため、ある時点で、ベクトルレジスターが異なるローカルLinuxプロセスからの値で破損する可能性があります。(CVE-2019-15031)

- 5.2.10より前のLinuxカーネルにおいて、drivers/hid/usbhid/hiddev.cドライバーに、悪意のあるUSBデバイスによって引き起こされる可能性のあるUse-After-Free(メモリ解放後使用)のバグがあります。(別名CID-9c09b214f30e)(CVE-2019-19527)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2020-1372.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 135378

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2020-1372.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/4/10

更新日: 2021/9/8

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-19527

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:P/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:8, p-cpe:/a:oracle:linux:bpftool, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-core, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-cross-headers, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-core, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-modules, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-modules-extra, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-modules, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-modules-extra, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools-libs, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools-libs-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:perf, p-cpe:/a:oracle:linux:python3-perf

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/4/9

脆弱性公開日: 2019/9/13

参照情報

CVE: CVE-2019-15030, CVE-2019-15031, CVE-2019-18660, CVE-2019-19527

RHSA: 2020:1372