Microsoft Visual Studio製品用のセキュリティ更新プログラム(2020年4月)

medium Nessus プラグイン ID 135481

概要

Microsoft Visual Studio製品は、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

Microsoft Visual Studio製品に、セキュリティ更新プログラムが適用されていません。したがって、以下の複数の脆弱性による影響を受けます:

- Microsoft Visual Studioアップデーターサービスがファイルのアクセス許可を不適切に処理する場合に、権限の昇格の脆弱性があります。この脆弱性の悪用に成功した攻撃者が、ローカルシステムのセキュリティコンテキストで任意のファイルを上書きする可能性があります。(CVE-2020-0899)

- Visual Studio Extension Installerサービスがファイル操作を不適切に処理する場合に、権限の昇格の脆弱性があります。この脆弱性の悪用に成功した攻撃者が、昇格した権限で任意の場所にあるファイルを削除する可能性があります。(CVE-2020-0900)

ソリューション

Microsoftはこの問題を解決するために、以下のセキュリティ更新プログラムをリリースしています。
-KB4540102(Visual Studio 2015用)
- Visual Studio 2017用の更新プログラム15.9.22
- Visual Studio 2019用の更新プログラム16.0.13
- Visual Studio 2019用の更新プログラム16.4.7
- Visual Studio 2019用の更新プログラム16.5.4

参考資料

http://www.nessus.org/u?f3cd44a9

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 135481

ファイル名: smb_nt_ms20_apr_visual_studio.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2020/4/14

更新日: 2022/6/27

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 3.6

Temporal Score: 2.7

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2020-0900

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:microsoft:visual_studio

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible, installed_sw/Microsoft Visual Studio

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/4/14

脆弱性公開日: 2020/4/14

参照情報

CVE: CVE-2020-0899, CVE-2020-0900

IAVA: 2020-A-0148-S

MSFT: MS20-4540102

MSKB: 4540102