Oracle VM VirtualBox(2020年4月CPU)

high Nessus プラグイン ID 135586

概要

リモートホストにインストールされているアプリケーションは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行されているOracle VM VirtualBoxのバージョンは5.2.40より前の5.2.x、6.0.20より前の6.0.x、6.1.6より前の6.1.xです。したがって、2019年4月のOracle Critical Patch Updateアドバイザリに記載されているとおり、複数の脆弱性の影響を受けます。Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

- OHCIエンドポイントに送信されたデータの処理に入力検証の欠陥が存在するため、権限が昇格される可能性があります。 (CVE-2020-2575)

- Oracle Virtualization Coreコンポーネントに詳細不明の脆弱性があります。認証されたローカルの攻撃者がこの問題を悪用して、Oracle VM VirtualBoxを侵害して乗っ取る可能性があります。(CVE-2020-2742、CVE-2020-2758、CVE-2020-2894、CVE-2020-2905、CVE-2020-2908、CVE-2020-2902、CVE-2020-2907、CVE-2020-2911、CVE-2020-2913、CVE-2020-2914、CVE-2020-2929、CVE-2020-2958)

- Oracle Virtualization Coreコンポーネントに詳細不明の脆弱性があります。認証されたローカル攻撃者がこの問題を悪用し、重要なデータに不正にアクセスしたり、Oracle VM VirtualBoxのすべてのアクセス可能データに対する完全なアクセス権を取得したりする可能性があります。(CVE-2020-2741、CVE-2020-2743)

- Oracle Virtualization Coreコンポーネントに詳細不明の脆弱性があります。認証されたローカル攻撃者がこの問題を悪用し、Oracle VM VirtualBoxのアクセス可能データのサブセットに、不正な読み取りアクセスを行う可能性があります。(CVE-2020-2748)

- Oracle Virtualization Coreコンポーネントに詳細不明の脆弱性があります。認証されたローカル攻撃者がこの問題を悪用し、重要なデータやすべてのOracle VM VirtualBoxのアクセス可能データにアクセスして、不正に作成、削除、変更する可能性があります。
(CVE-2020-2910)

- Oracle Virtualization Coreコンポーネントに詳細不明の脆弱性があります。認証されたローカル攻撃者がこの問題を悪用し、不正にOracle VM VirtualBoxの部分的なサービス拒否(部分的なDOS)を引き起こす可能性があります。(CVE-2020-2909)

- Oracle Virtualization Coreコンポーネントに詳細不明の脆弱性があります。認証されたローカル攻撃者がこの問題を悪用し、不正にOracle VM VirtualBoxのハングや、クラッシュの頻繁な再発(完全なDoS)を引き起こす可能性があります。(CVE-2020-2959、CVE-2020-2951)

ソリューション

2020年4月のOracle Critical Patch Updateアドバイザリに記載されているように、Oracle VM VirtualBoxをバージョン5.2.40、6.0.20、6.1.6以降にアップグレードしてください。

参考資料

https://www.oracle.com/a/tech/docs/cpuapr2020cvrf.xml

https://www.oracle.com/security-alerts/cpuapr2020.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 135586

ファイル名: virtualbox_apr_2020_cpu.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2020/4/15

更新日: 2022/5/13

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.5

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.4

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2020-2929

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-2902

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:vm_virtualbox

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/4/14

脆弱性公開日: 2020/4/14

参照情報

CVE: CVE-2020-2575, CVE-2020-2741, CVE-2020-2742, CVE-2020-2743, CVE-2020-2748, CVE-2020-2758, CVE-2020-2894, CVE-2020-2902, CVE-2020-2905, CVE-2020-2907, CVE-2020-2908, CVE-2020-2909, CVE-2020-2910, CVE-2020-2911, CVE-2020-2913, CVE-2020-2914, CVE-2020-2929, CVE-2020-2951, CVE-2020-2958, CVE-2020-2959

IAVA: 2020-A-0138-S