Oracle Java SE 1.7.0_261 / 1.8.0_251 / 1.11.0_7 / 1.14.0_1における複数の脆弱性(2020年4月CPU)(Unix)

medium Nessus プラグイン ID 135591
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートホストは、複数の脆弱性の影響を受けます

説明

リモートホストにインストールされているOracle(旧 Sun)Java SEまたはJava for Businessは、バージョン7更新プログラム261、バージョン8更新プログラム251、バージョン11更新プログラム7、バージョン14更新プログラム1より前のバージョンです。したがって、次のコンポーネントに関連する複数の脆弱性の影響を受けます。

- Oracle Java SEおよびJava SE Embeddedは、「複数」のプロトコルを介したバッファオーバーフロー攻撃に対して脆弱です。
この問題は、「JavaFX (libxslt)」コンポーネントに影響します。この脆弱性への攻撃が成功すると、ネットワークにアクセスできる認証されていない攻撃者による、Java SEの乗っ取りが発生する可能性があります。(CVE-2019-18197)

- Oracle Java SEおよびJava SE Embeddedは、部分的なサービス拒否(部分的なDOS)の脆弱性の影響を受けやすくなっています。
認証されていないリモート攻撃者が、「複数の」プロトコルにわたってこれを悪用する可能性があります。この問題は「Scripting」コンポーネントに影響します。(CVE-2020-2754、CVE-2020-2755)

- Oracle Java SEおよびJava SE Embeddedは、部分的なサービス拒否(部分的なDOS)の脆弱性の影響を受けやすくなっています。
認証されていないリモート攻撃者が、「複数の」プロトコルにわたってこれを悪用する可能性があります。この問題は「シリアル化」コンポーネントに影響します。(CVE-2020-2756、CVE-2020-2757)

- Oracle Java SEは、不正な読み取りアクセスの脆弱性の影響を受けやすくなっています。認証されていないリモート攻撃者が「複数」のプロトコルでこれを悪用し、Java SEのアクセス可能データのサブセットに不正な読み取りアクセスを行う可能性があります。この問題は、「Advanced Management Console」コンポーネントに影響を与えます。(CVE-2020-2764)

- Oracle Java SEおよびJava SE Embeddedは、不正な書き込み/読み取りアクセスの脆弱性の影響を受けやすくなっています。認証されていないリモート攻撃者が、「HTTPS」経由でJava SEのアクセス可能なデータに対して、読み取り、更新、挿入、または削除アクセスを行う可能性があります。この問題は「JSSE」コンポーネントに影響します。(CVE-2020-2767)

- Oracle Java SEおよびJava SE Embeddedは、部分的なサービス拒否(部分的なDOS)の脆弱性の影響を受けやすくなっています。
認証されていないリモート攻撃者が、「複数の」プロトコルにわたってこれを悪用する可能性があります。この問題は「Scripting」コンポーネントに影響します。(CVE-2020-2773)

また、他の脆弱性の影響も受けます。詳細については、ベンダーのアドバイザリを参照してください。

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Oracle JDK / JRE 14 Update 1、11 Update 7、8 Update 251、7 Update 261以降にアップグレードしてください。
必要に応じて、影響を受けるバージョンを削除してください。

関連情報

https://www.oracle.com/a/tech/docs/cpuapr2020cvrf.xml

https://www.oracle.com/security-alerts/cpuapr2020.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 135591

ファイル名: oracle_java_cpu_apr_2020_unix.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2020/4/16

更新日: 2020/7/17

依存関係: sun_java_jre_installed_unix.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-2800

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.8

Temporal Score: 4.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:jre, cpe:/a:oracle:jdk

必要な KB アイテム: Host/Java/JRE/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/4/14

脆弱性公開日: 2020/4/14

参照情報

CVE: CVE-2019-18197, CVE-2020-2754, CVE-2020-2755, CVE-2020-2756, CVE-2020-2757, CVE-2020-2764, CVE-2020-2767, CVE-2020-2773, CVE-2020-2778, CVE-2020-2781, CVE-2020-2800, CVE-2020-2803, CVE-2020-2805, CVE-2020-2816, CVE-2020-2830

IAVA: 2020-A-0134-S