FreeBSD:openvpn -- 不正なクライアントの浮動小数点により、他のユーザーに対するVPNセッションが中断される可能性があります(8604121c-7fc2-11ea-bcac-7781e90b0c8f)

low Nessus プラグイン ID 135714

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのFreeBSDホストに1つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

Lev StipakovおよびGert Doering氏による報告:

ピアIDの割り当てとデータチャネルキーの初期化(プッシュリクエストの受信または非同期プッシュ返信で実行)の間に、既存のピアIDの浮動小数点チェックが正しく機能しない時間フレームがあります。

「rogue」データチャネルパケットが、同じピアIDを持つ別のアドレスからその時間フレーム中に到着する場合、これによりクライアントはその新しいアドレスに浮動することになります。

この動作の最終的な影響は、「被害者クライアント」に対するVPNセッションが中断されることです。「attacker client」は適切なキーを持たないため、VPNトラフィックを他のセッションから注入または盗むことができません。タイムウィンドウが小さいため、それを切断して再接続するための他の方法が見つからない限り、特定のクライアントのセッションを攻撃するために使用できません。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?74ec1b4d

http://www.nessus.org/u?c53088ff

http://www.nessus.org/u?264af6a8

https://community.openvpn.net/openvpn/ticket/1272

https://patchwork.openvpn.net/patch/1077/

http://www.nessus.org/u?d5ae1390

プラグインの詳細

深刻度: Low

ID: 135714

ファイル名: freebsd_pkg_8604121c7fc211eabcac7781e90b0c8f.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2020/4/17

更新日: 2020/5/18

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-11810

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 2.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Low

Base Score: 3.7

Temporal Score: 3.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:L

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:openvpn, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:openvpn-devel, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:openvpn-mbedtls, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/4/16

脆弱性公開日: 2020/4/13

参照情報

CVE: CVE-2020-11810