Windows悪意のあるソフトウェアの削除ツールにおける権限昇格の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 135901

概要

リモート Windows ホストに、権限昇格脆弱性の影響を受けるマルウェア対策アプリケーションがあります。

説明

Windows悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)がジャンクションを不適切に処理するとき、権限昇格の脆弱性があります。
この脆弱性を悪用するには、攻撃者はまず被害者のシステムで実行権限を取得する必要があります。
攻撃者が特別に細工されたアプリケーションを実行し、権限を昇格する可能性があります。

ソリューション

自動更新を有効化し、関連のあるマルウェア対策アプリケーションのスキャンエンジンを更新してください。MMPE(および関連した MSRT)の検証方法の更新の詳細については、KB4484254 を参照してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?7e5172f5

http://www.nessus.org/u?a0bcbff4

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 135901

ファイル名: smb_kb4484254.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2020/4/22

更新日: 2021/12/6

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.4

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-0733

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:microsoft:windows, cpe:/a:microsoft:malware_protection_engine

必要な KB アイテム: SMB/MRT/Version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/2/11

脆弱性公開日: 2020/2/11

参照情報

CVE: CVE-2020-0733

MSKB: 891716