Amazon Linux 2:Thunderbird(ALAS-2020-1414)

critical Nessus プラグイン ID 135932
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのAmazon Linux 2ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

Mozilla Foundationセキュリティアドバイザリでは、この欠陥が次のように説明されています: 最近閉じられたタブを持つオリジンに関するデータを削除するとき、クォータマネージャーでメモリ解放後使用(Use After Free)が発生して、悪用可能なクラッシュが生じる可能性があります。(CVE-2020-6805)

Mozilla Foundationセキュリティアドバイザリでは、この欠陥が次のように説明されています: 「sctp_load_addresses_from_init」への入力は「sctp_arethere_unauthenticationed_parameters」によって検証されます。ただし、この2つの関数は異なる方法でパラメーター境界を処理するので、パラメーターが部分的にチャンク外部にある場合、領域外読み取りが生じる可能性があります。(CVE-2019-20503)

Mozilla Foundationセキュリティアドバイザリでは、この欠陥が次のように説明されています: Promiseソリューションを注意深く細工することで、スクリプト実行中にサイズ変更される配列の端から領域外読み取りを引き起こすことが可能でした。これにより、メモリ破損と悪用可能なクラッシュが発生する可能性がありました。(CVE-2020-6806)

Mozilla Foundationセキュリティアドバイザリでは、この欠陥が次のように説明されています: ストリームが破棄されようとしている時点でデバイスが変更されると、ストリームの破棄後に「stream-reinit」タスクが実行される可能性があり、これによってメモリ解放後使用(Use After Free)と悪用可能なクラッシュが発生します。 (CVE-2020-6807)

Mozilla Foundationセキュリティアドバイザリでは、この欠陥が次のように説明されています: AirPodsがiPhoneに初めて接続されるとき、デフォルトではユーザーの名前にちなんで名付けられます(例:Jane DoeのAirPods)。カメラまたはマイクの権限を持つWebサイトがデバイス名を列挙して、ユーザーの名前が漏洩する可能性があります。この問題を解決する目的で、Firefoxは、「AirPods」というサブストリングを含むデバイスの名前を単に「AirPods」に変更する特別なケースを追加しました。(CVE-2020-6812)

Mozilla Foundationセキュリティアドバイザリでは、この欠陥が次のように説明されています: Devtoolsのネットワークタブの「Copy as cURL」機能で、リクエストのHTTPメソッドが適切にエスケープされませんでした。これはウェブサイトで制御可能です。ユーザーが「Copy as Curl」機能を使用し、コマンドをターミナルに貼り付けた場合、コマンドインジェクションが発生したり、任意のコマンドが実行されたりする可能性がありました。(CVE-2020-6811)

Mozilla Foundationセキュリティアドバイザリでは、この欠陥が次のように説明されています:
Mozilla開発者およびコミュニティメンバーは、Firefox 73とFirefox ESR 68.5に存在するメモリ安全性のバグを報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、手間をかけることにより、これらの一部が悪用され、任意のコードが実行される可能性があると推測しています。
(CVE-2020-6814)

ソリューション

「yum update thunderbird」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2020-1414.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 135932

ファイル名: al2_ALAS-2020-1414.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/4/24

更新日: 2020/5/29

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:thunderbird, p-cpe:/a:amazon:linux:thunderbird-debuginfo, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/4/23

脆弱性公開日: 2020/3/6

参照情報

CVE: CVE-2019-20503, CVE-2020-6805, CVE-2020-6806, CVE-2020-6807, CVE-2020-6811, CVE-2020-6812, CVE-2020-6814

ALAS: 2020-1414