VMSA-2020-0008 : VMware ESXiのパッチはStoredクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性に対処します。

critical Nessus プラグイン ID 136174

概要

リモートの VMware ESXiホストにセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

a。VMware ESXiのパッチは、格納型クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性に対処します (CVE-2020-3955)

説明:
VMware ESXi Host Clientは、仮想マシンの属性を表示する際に、スクリプト関連のHTMLを適切に無効化しません。

ゲストOS内から仮想マシンのシステムプロパティを変更するアクセス権を持つ悪意のあるActor(仮想マシンのホスト名の変更など)が、ESXiホストクライアントを介してこの仮想マシンを表示する際に、被害者のブラウザで実行される悪意のあるスクリプトを注入できる可能性があります

ソリューション

欠落しているパッチを適用してください。

関連情報

http://lists.vmware.com/pipermail/security-announce/2020/000490.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 136174

ファイル名: vmware_VMSA-2020-0008.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

公開日: 2020/4/30

更新日: 2020/8/28

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-3955

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.3

Temporal Score: 8.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:H/I:H/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:vmware:esxi:6.5, cpe:/o:vmware:esxi:6.7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/VMware/release, Host/VMware/version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/4/28

脆弱性公開日: 2020/4/29

参照情報

CVE: CVE-2020-3955

VMSA: 2020-0008

IAVA: 2020-A-0193-S