Juniper Junosローカルファイルに脆弱性が含まれる(JSA11021)

critical Nessus プラグイン ID 136285

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

リモートデバイスのJunos OSの自己報告バージョンによると、HTTP / HTTPSサービスでのローカルファイルインクルードの脆弱性の影響を受けます。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、ローカルファイルインクルード(LFI)、パストラバーサルを実行したり、httpd.logにコマンドを挿入したり、「誰でも」読み取ることができるファイル権限でファイルを読み取ったり、J-Webセッショントークンを取得したりする可能性があります。

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

JuniperアドバイザリJSA11021に記載されている該当のJunosソフトウェアリリースを適用してください

関連情報

https://kb.juniper.net/JSA11021

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 136285

ファイル名: juniper_jsa11021.nasl

バージョン: 1.14

タイプ: combined

公開日: 2020/5/1

更新日: 2022/3/28

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-1631

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:juniper:junos

必要な KB アイテム: Host/Juniper/JUNOS/Version, Host/Juniper/model

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/4/27

脆弱性公開日: 2020/4/27

CISAの既知の悪用日: 2022/4/15

参照情報

CVE: CVE-2020-1631

JSA: JSA11021

IAVA: 2020-A-0181-S