Debian DSA-4680-1: tomcat9 - セキュリティ更新

critical Nessus プラグイン ID 136376

概要

リモートのDebianホストにセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

TomcatサーブレットおよびJSPエンジンでいくつかの脆弱性が発見されました。これにより、HTTPリクエストのスマグリングおよびAJPコネクタでのコードの実行(Debianではデフォルトで無効)またはJMXインターフェイスに対する中間者攻撃が実行される可能性があります。

ソリューション

tomcat9パッケージをアップグレードしてください。

安定版(stable)ディストリビューション(buster)では、これらの問題はバージョン9.0.31-1~deb10u1で修正されています。TomcatがAJPコネクタで使用される際に、CVE-2020-1938の修正に構成の変更が必要になる場合があります。たとえば、
libapache-mod-jkとの組み合わせなどです。たとえば、現在は属性「secretRequired」はデフォルトでtrueに設定されています。影響を受けるセットアップについては、https://tomcat.apache.org/tomcat-9.0-doc/config/ajp.htmlbefore更新の展開を確認することが推奨されます。

関連情報

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2020-1938

https://tomcat.apache.org/tomcat-9.0-doc/config/ajp.html

https://security-tracker.debian.org/tracker/source-package/tomcat9

https://packages.debian.org/source/buster/tomcat9

https://www.debian.org/security/2020/dsa-4680

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 136376

ファイル名: debian_DSA-4680.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/5/7

更新日: 2022/3/9

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-1938

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:tomcat9, cpe:/o:debian:debian_linux:10.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/5/6

脆弱性公開日: 2019/6/21

CISAの既知の悪用日: 2022/3/17

参照情報

CVE: CVE-2019-10072, CVE-2019-12418, CVE-2019-17563, CVE-2019-17569, CVE-2020-1935, CVE-2020-1938

DSA: 4680