Amazon Linux 2:カーネル(ALAS-2020-1431)

high Nessus プラグイン ID 137088

概要

リモートのAmazon Linux 2ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

Linuxカーネル5.0.21では、細工されたext4イメージのマウント後にsetxattr操作を行うと、memset呼び出しで大きなold_size値が使用された場合に、fs/ext4/xattr.c内のext4_xattr_set_entryメモリ解放後使用が原因で、スラブ領域外書き込みアクセスが発生する可能性があります。(CVE-2019-19319)

Linuxカーネル5.4.0-rc2では、
kernel/trace/blktrace.c内の__blk_add_trace関数(blk_io_trace構造体にデータを入力し、cpuごとのサブバッファに配置するために使用される)にメモリ解放後使用(読み取り)があります。(CVE-2019-19768)

バージョン 5.7より前のLinuxカーネルSELinux LSMフック実装で、skbに単一のnetlinkメッセージのみが含まれていると誤って想定される欠陥が見つかりました。フックは、skb内の最初のnetlinkメッセージのみを誤って検証し、それ以上の処理を行わずに、付与された権限でskb内の残りのメッセージを許可または拒否します。(CVE-2020-10751)

5.6.11以前のLinuxカーネルで問題が発見されました。特定のエラーケース(別名CID-83c6f2390040)のsg_writeからsg_remove_request呼び出しが欠落しています。(CVE-2020-12770)

IPv6経由のVXLANトンネルやGENEVEトンネルなど、IPsec内の一部のネットワーキングプロトコルのLinuxカーネルの実装で欠陥が見つかりました。2つのホスト間で暗号化されたトンネルが作成されると、カーネルは、暗号化されたリンク経由でトンネルされたデータを正しくルーティングせず、
暗号化されていないデータを送信してします。そのため、2つのエンドポイント間にいる何者かが暗号化されていないトラフィックを読み取ることができます。この脆弱性による主な脅威は、データの機密性に対するものです。(CVE-2020-1749)

ソリューション

「yum update kernel」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2020-1431.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 137088

ファイル名: al2_ALAS-2020-1431.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/6/4

更新日: 2022/1/26

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-1749

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:kernel, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-livepatch-4.14.181-140.257, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:perf, p-cpe:/a:amazon:linux:perf-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:python-perf, p-cpe:/a:amazon:linux:python-perf-debuginfo, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/6/3

脆弱性公開日: 2019/11/27

参照情報

CVE: CVE-2019-19319, CVE-2019-19768, CVE-2020-1749, CVE-2020-10751, CVE-2020-12770

ALAS: 2020-1431