OracleVM 3.4:Unbreakable / etc(OVMSA-2020-0020)(スタッククラッシュ)

critical Nessus プラグイン ID 137217
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracleVMホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートOracleVMシステムに、重大なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチが、欠落しています:

- 入力:ff-memless-destroyのkillタイマー(Oliver Neukum氏)[Orabug:31213691] (CVE-2019-19524)

- libertas:bss記述子の解析での2つのバッファオーバーフローを修正(Wen Huang氏)[Orabug:31351307] (CVE-2019-14896) (CVE-2019-14897) (CVE-2019-14897)

-binfmt_elf:ELF_ET_DYN_BASEをPIEにのみ使用します(Kees Cook氏)[Orabug:31352068] (CVE-2017-1000370) (CVE-2017-1000371) (CVE-2017-1000370)

-NFSv4.0:非UCSクライアントIDからトランスポートプロトコル名を削除します(Chuck Lever氏)[Orabug:31357212]

-NFSv4.0:非UCSクライアントIDからcl_ipaddrを削除します(Chuck Lever氏)

-xen / manage:C_A_Dを有効にして再起動を強制(Dongli Zhang氏)[Orabug:31387466]

- acpi:erstを無効化(Wengang Wang氏)[Orabug:31194253]

-mdio_bus:device_registerのuse-after-freeが失敗する際の修正(YueHaibing氏)[Orabug:31222292] (CVE-2019-12819)

- rds: ib: 長いアドレス解決タイムアウトが機能しないのを修正します(Hakon Bugge氏)

-vxlan: 学習中に永続的なfdbエントリを移行しない(Roopa Prabhu氏)

- USB:iowarrior:切断時のメモリ解放後使用(use-after-free)を修正(Johan Hovold氏)[Orabug: 31351061] (CVE-2019-19528)

- usb:iowarrior:切断時のデッドロックを修正(Oliver Neukum氏)[Orabug: 31351061] (CVE-2019-19528)

-mremap: ページをリリースする前にTLBを適切にフラッシュ(Linus Torvalds氏)[Orabug: 31352011] (CVE-2018-18281)

- 入力:input_set_keycodeに安全ガードを追加(Dmitry Torokhov氏)[Orabug: 31200558] (CVE-2019-20636)

- media: stv06xx: 欠落した記述子のサニティチェックを追加(Johan Hovold氏)[Orabug: 31200579] (CVE-2020-11609)

- media: ov519: 欠落したエンドポイントのサニティチェックを追加(Johan Hovold氏)[Orabug: 31213758] (CVE-2020-11608)

- media: xirlink_ci: 欠落した記述子のサニティチェックを追加(Johan Hovold氏)[Orabug: 31213767] (CVE-2020-11668)

-mwifiex: pcie: mwifiex_pcie_init_evt_ring のメモリリークを修正(Navid Emamdoost)[Orabug:
31263147] (CVE-2019-19057)

- USB:コア:キャラクターデバイスの登録および登録解除での競合を修正(Alan Stern氏)[Orabug: 31317667] (CVE-2019-19537)

ソリューション

影響を受けるkernel-uek / kernel-uek-firmwareパッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/oraclevm-errata/2020-June/000983.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 137217

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2020-0020.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2020/6/8

更新日: 2020/8/13

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:vm_server:3.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/6/5

脆弱性公開日: 2017/6/19

参照情報

CVE: CVE-2017-1000370, CVE-2017-1000371, CVE-2018-18281, CVE-2019-12819, CVE-2019-14896, CVE-2019-14897, CVE-2019-19057, CVE-2019-19524, CVE-2019-19528, CVE-2019-19537, CVE-2019-20636, CVE-2020-11608, CVE-2020-11609, CVE-2020-11668