Debian DLA-2248-1: intel-microcodeセキュリティ更新プログラム

low Nessus プラグイン ID 137418
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 6.1

概要

リモートの Debian ホストにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

srcに対して以下のCVEが報告されました: intel-microcode

CVE-2020-0543

特殊レジスターバッファデータサンプリング(SRBDS)として知られる新しいドメインバイパス一時実行攻撃が発見されました。この欠陥では、CPUの任意のコアでコードを実行可能な攻撃者が、特殊な内部レジスタからデータ値を漏洩させる可能性があります。権限のないローカルの攻撃者が、この欠陥を利用して、一意性、秘密性、またはその両方に依存する暗号操作中に広く使用されることが知られている、影響を受ける命令によって返される値を推測する可能性があります。

CVE-2020-0548

Intelプロセッサで欠陥が見つかり、ローカルの攻撃者がシステム上で実行されている他のプロセスからレジスタの状態を観察し、ベクトル計算に使用されるレジスタに関する情報を入手する可能性があります。
これにより競合状態が発生し、クリアされていないストアバッファが別のプロセスまたはCPU siblingによって読み取られる可能性があります。この脆弱性による最も大きな脅威はデータの機密性であり、攻撃者がプロセッサを通過する任意のデータを読み取る可能性があります。

CVE-2020-0549

一部のIntelプロセッサーで、マイクロアーキテクチャタイミングの欠陥が見つかりました。削除プロセス中に進行中のデータが「フィルバッファ」に入り、MDS緩和策によって適切にクリアされない場合があります。(空白と予測された)フィルバッファのコンテンツは、MDSまたはTAA形式の攻撃方法を使用することで推測され、るため、ローカルの攻撃者がフィルバッファ値を推測することができます。

Debian 8「Jessie」では、これらの問題はバージョン3.20200609.2~deb8u1で修正されました。

お使いのintel-microcodeパッケージをアップグレードすることを推奨します。

注: Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックを DLA セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるintel-microcodeパッケージをアップグレードしてください。

関連情報

https://lists.debian.org/debian-lts-announce/2020/06/msg00019.html

https://packages.debian.org/source/jessie/intel-microcode

プラグインの詳細

深刻度: Low

ID: 137418

ファイル名: debian_DLA-2248.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/6/17

更新日: 2021/1/11

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: Low

VPR スコア: 6.1

CVSS v2.0

Base Score: 2.1

Temporal Score: 1.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:intel-microcode, cpe:/o:debian:debian_linux:8.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/6/13

脆弱性公開日: 2020/1/28

参照情報

CVE: CVE-2020-0543, CVE-2020-0548, CVE-2020-0549