FreeBSD:sqlite3における複数のセキュリティ問題(c4ac9c79-ab37-11ea-8b5e-b42e99a1b9c3)

high Nessus プラグイン ID 137439

言語:

概要

リモートのFreeBSDホストに、セキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

sqlite3の更新:

攻撃者がさまざまなセキュリティ問題を悪用して、SQLiteをクラッシュさせてサービス拒否を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。

- CVE-2020-11655: AggInfoオブジェクトの初期化が不適切に処理されたため、3.31.1までのSQLiteにより、攻撃者が無効な形式のwindow関数クエリを介してサービス拒否(セグメンテーション違反)を引き起こす可能性があります。

- CVE-2020-13434: 3.32.0までのSQLiteでは、printf.cのsqlite3_str_vappendfに整数オーバーフローがあります。

- CVE-2020-13435: 3.32.0までのSQLiteでは、expr.cのsqlite3ExprCodeTargetに、セグメンテーション違反があります。

- CVE-2020-13630: 3.32.0以前のSQLiteのext/fts3/fts3.cでは、スニペット機能に関連して、fts3EvalNextRowにメモリ解放後使用(Use After Free)があります。

- CVE-2020-13631: 3.32.0以前のSQLiteにより、仮想テーブルの名前が、alter.cおよびbuild.cに関連するシャドーテーブルの1つの名前に変更されます。

- CVE-2020-13632: 3.32.0以前のSQLiteのext/fts3/fts3_snippet.cには、細工されたmatchinfo()クエリによるNULLポインターデリファレンスがあります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?e7d5c63b

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 137439

ファイル名: freebsd_pkg_c4ac9c79ab3711ea8b5eb42e99a1b9c3.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

公開日: 2020/6/17

更新日: 2022/1/26

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.4

Temporal Score: 3.3

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-13630

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7

Temporal Score: 6.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:H/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:sqlite3, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/6/10

脆弱性公開日: 2020/5/25

参照情報

CVE: CVE-2020-11655, CVE-2020-13434, CVE-2020-13435, CVE-2020-13630, CVE-2020-13631, CVE-2020-13632

FreeBSD: SA-20:22.sqlite

IAVA: 2020-A-0358-S