Amazon Linux 2:bind(ALAS-2020-1441)

medium Nessus プラグイン ID 138043

概要

リモートのAmazon Linux 2ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

「managed-key」は、BINDリゾルバーが、オペレーターがDNSSEC検証用に構成する、トラストアンカーによって使用されるキーを自動的に維持できる機能です。管理キー機能のエラーにより、キーロールオーバー中にトラストアンカーのキーがサポートされていないアルゴリズムを使用するキーに置き換えられた場合、アサーションの失敗により管理キーを使用するBINDサーバーが終了する可能性があります。影響を受けるバージョン:BIND 9.9.0 -> 9.10.8-P1、9.11.0 -> 9.11.5-P1、9.12.0 -> 9.12.3-P1、さらにBIND 9 Supported Preview Editionのバージョン9.9.3-S1 -> 9.11.5-S3。9.13開発ブランチのバージョン9.13.0-> 9.13.6も影響を受けます。BIND 9.9.0より前のバージョンは、CVE-2018-5745に対する脆弱性が評価されていません。(CVE-2018-5745)

パイプラインを有効にすると、TCP接続経由の着信クエリごとに、パイプラインが有効になっていないUDPまたはTCPを介して受信されたクエリへの同様のリソース割り当てが必要になります。サーバーへのTCPパイプライン接続を使用するクライアントは、サーバーが処理するようにプロビジョニングされたよりも多くのリソースを消費する可能性があります。パイプライン化されたクエリが多数あるTCP接続が閉じられると、権限でまたはキャッシュから応答可能なクエリに対しても、これらの複数のリソースをリリースするサーバー上のロードが反応しなくなる可能性があります(これは、ほとんどの場合、断続的なサーバーの問題として認識される可能性があります)。(CVE-2019-6477)

ゾーンが書き込み可能である場合、ゾーン転送の制御がDynamicly Loadable Zones(DLZ)に適切に適用されない可能性があります。影響を受けるバージョン:
BIND 9.9.0 -> 9.10.8-P1、9.11.0 -> 9.11.5-P2、9.12.0 -> 9.12.3-P2、さらにBIND 9 Supported Preview Editionのバージョン9.9.3-S1 -> 9.11.5-S3。
9.13開発ブランチのバージョン9.13.0-> 9.13.6も影響を受けます。BIND 9.9.0より前のバージョンは、CVE-2019-6465に対する脆弱性が評価されていません。(CVE-2019-6465)

ソリューション

「yum update bind」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2020-1441.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 138043

ファイル名: al2_ALAS-2020-1441.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/7/2

更新日: 2020/7/6

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2019-6465

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.3

Temporal Score: 4.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:bind, p-cpe:/a:amazon:linux:bind-chroot, p-cpe:/a:amazon:linux:bind-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:bind-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:bind-export-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:bind-export-libs, p-cpe:/a:amazon:linux:bind-libs, p-cpe:/a:amazon:linux:bind-libs-lite, p-cpe:/a:amazon:linux:bind-license, p-cpe:/a:amazon:linux:bind-lite-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:bind-pkcs11, p-cpe:/a:amazon:linux:bind-pkcs11-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:bind-pkcs11-libs, p-cpe:/a:amazon:linux:bind-pkcs11-utils, p-cpe:/a:amazon:linux:bind-sdb, p-cpe:/a:amazon:linux:bind-sdb-chroot, p-cpe:/a:amazon:linux:bind-utils, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/7/1

脆弱性公開日: 2019/10/9

参照情報

CVE: CVE-2018-5745, CVE-2019-6465, CVE-2019-6477

ALAS: 2020-1441