RHEL 7: microcode_ctl(RHSA-2020: 2842)

low Nessus プラグイン ID 138159
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 6.1

概要

リモートのRed Hatホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのRedhat Enterprise Linux 7ホストにインストールされているパッケージは、RHSA-2020: 2842アドバイザリに記載されている複数の脆弱性によって影響を受ける。

- hw: 特殊レジスターバッファデータサンプリング(SRBDS)(CVE-2020-0543)

- hw: ベクトルレジスターデータサンプリング(CVE-2020-0548)

- hw: L1Dキャッシュエビクションサンプリング(CVE-2020-0549)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるmicrocode_ctlパッケージを更新してください。

関連情報

https://cwe.mitre.org/data/definitions/200.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/203.html

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-0543

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-0548

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-0549

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2020:2842

https://bugzilla.redhat.com/1788786

https://bugzilla.redhat.com/1788788

https://bugzilla.redhat.com/1827165

プラグインの詳細

深刻度: Low

ID: 138159

ファイル名: redhat-RHSA-2020-2842.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/7/7

更新日: 2021/3/24

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: Low

VPR スコア: 6.1

CVSS スコアのソース: CVE-2020-0549

CVSS v2.0

Base Score: 2.1

Temporal Score: 1.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性の情報

CPE: cpe:/o:redhat:rhel_aus:7.6, cpe:/o:redhat:rhel_e4s:7.6, cpe:/o:redhat:rhel_eus:7.6, cpe:/o:redhat:rhel_tus:7.6, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:microcode_ctl

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/7/7

脆弱性公開日: 2020/1/28

参照情報

CVE: CVE-2020-0543, CVE-2020-0548, CVE-2020-0549

RHSA: 2020:2842

CWE: 200, 203