SUSE SLES15セキュリティ更新プログラム:java-1_8_0-ibm(SUSE-SU-2020:1684-1)

medium Nessus プラグイン ID 138279

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

java-1_8_0-ibm用のこの更新プログラムでは、以下の問題が修正されています:

java-1_8_0-ibmがJava 8.0 Service Refresh 6 Fix Pack 10に更新しました(bsc#1172277、bsc#1169511、bsc#1160968)

CVE-2020-2654:サービス拒否を引き起こす無許可の能力につながる可能性のある問題を修正しました

CVE-2020-2754:Nashornへの前方参照

CVE-2020-2755:Nashornのマッチングを改善しました

CVE-2020-2756:シリアルENUMのマッピングを改善しました

CVE-2020-2757:より少ないブロッキング配列キュー

CVE-2020-2781:TLSセッション処理を改善しました

CVE-2020-2800:HTTPサーバーの見出しを改善しました

CVE-2020-2803:バイトバッファのバッファリングを強化しました

CVE-2020-2805:メソッドのタイピングを強化しました

CVE-2020-2830:スキャナ変換を改善しました

CVE-2019-2949:重要なデータへの無許可アクセスにつながる可能性のある問題を修正しました

RSA PSSのサポートをIBMPKCS11IMPLに追加しました

pack200とunpack200の代替手段をjavaのスレーブにする必要があります(bsc#1171352)。

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

このSUSEセキュリティ更新プログラムをインストールするには、YaSTのonline_updateや「zypper patch」など、SUSEが推奨するインストール方法を使用してください。

別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE Linux Enterprise Server for SAP 15:

zypper in -t patch SUSE-SLE-Product-SLES_SAP-15-2020-1684=1

SUSE Linux Enterprise Server 15-LTSS:

zypper in -t patch SUSE-SLE-Product-SLES-15-2020-1684=1

SUSE Linux Enterprise Module for Legacy Software 15-SP2:

zypper in -t patch SUSE-SLE-Module-Legacy-15-SP2-2020-1684=1

SUSE Linux Enterprise Module for Legacy Software 15-SP1:

zypper in -t patch SUSE-SLE-Module-Legacy-15-SP1-2020-1684=1

関連情報

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1160968

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1169511

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1171352

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1172277

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-2949/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-2654/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-2754/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-2755/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-2756/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-2757/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-2781/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-2800/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-2803/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-2805/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-2830/

http://www.nessus.org/u?6da5b9fd

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 138279

ファイル名: suse_SU-2020-1684-1.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/7/9

更新日: 2020/7/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-2800

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.5

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.8

Temporal Score: 4.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_8_0-ibm, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_8_0-ibm-alsa, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_8_0-ibm-devel, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_8_0-ibm-plugin, cpe:/o:novell:suse_linux:15

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/6/19

脆弱性公開日: 2019/10/16

参照情報

CVE: CVE-2019-2949, CVE-2020-2654, CVE-2020-2754, CVE-2020-2755, CVE-2020-2756, CVE-2020-2757, CVE-2020-2781, CVE-2020-2800, CVE-2020-2803, CVE-2020-2805, CVE-2020-2830