OracleVM 3.4:Unbreakable / etc(OVMSA-2020-0028)

medium Nessus プラグイン ID 138416
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracleVMホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモート OracleVM システムに、重大なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチが、欠落しています:

- ipv4: ipv4_default_advmssはルートmtuを使用する必要がある(Eric Dumazet)[Orabug: 31563095]

- net:ipv4: ipv4_default_advmssを改良(Gao Feng氏)[Orabug: 31563095]

- 「bnxt_en: ドライバーのビジーポーリングロジックを削除」を元に戻す (Brian Maly氏)[Orabug: 28151475]

- md:フラッシュリクエストをバッチ処理。(NeilBrown氏)[Orabug: 31332821]

- ALSA:コア:登録と切断の間のカード競合を修正(Takashi Iwait氏)[Orabug: 31351891] (CVE-2019-15214)

- media: dvb-usb-v2: lmedm04: dm20_lme2510_tunerにts2020アタッチを移動(Malcolm Priestley氏)[Orabug:
31352061] (CVE-2017-16538)

- media: dvb-usb-v2: lmedm04: ウォームスタートのロジックチェックを改善(Malcolm Priestley氏)[Orabug: 31352061] (CVE-2017-16538)

- atomic_open: create_errorの処理を修正(Al Viro氏)[Orabug: 31493395]

- media: ttusb-dec:ttusb_dec_send_commandの情報漏洩を修正(Tomas Bortoli氏)[Orabug:
31351119] (CVE-2019-19533)

- NFS:readdirのパフォーマンス回帰を修正(Trond Myklebust氏)[Orabug: 31409061]

- x86/speculation: 影響を受けるリストにIvy Bridgeを追加(Josh Poimboeuf氏)[Orabug: 31475612] (CVE-2020-0543)

- x86/speculation: SRBDSの脆弱性と緩和策のドキュメントを追加(Mark Gross氏)[Orabug: 31475612] (CVE-2020-0543)

- x86/speculation: 特殊レジスターバッファデータサンプリング(SRBDS)緩和策を追加(Mark Gross氏)[Orabug:
31475612] (CVE-2020-0543)

- x86/cpu: 「table」引数をcpu_matchesに追加(Mark Gross氏)[Orabug: 31475612] (CVE-2020-0543)

- x86/cpu: 構造体x86_cpu_idにステッピングフィールドを追加(Mark Gross氏)[Orabug: 31475612] (CVE-2020-0543)

- x86/cpu: cpu_data.x86_maskの名前をcpu_data.x86_steppingに変更(Jia Zhang氏)[Orabug: 31475612] (CVE-2020-0543)

- MCE:AMDプラットフォームでMCEバンクを6に制限(Zhenzhong Duan氏)[Orabug: 30000521]

- can: peak_usb: スラブ情報の漏洩を修正(Johan Hovold氏)[Orabug: 31351141] (CVE-2019-19534)

- can: peak_usb: pcan_usb_pro: USBデバイスへの情報漏洩を修正(Tomas Bortoli氏)[Orabug: 31351250] (CVE-2019-19536)

- xfs:フリーズハングを修正(Junxiao Bi氏)[Orabug: 31430876]

- iscsi_target:スピンロックのロック解除の不一致を修正(Junxiao Bi氏)[Orabug: 31202372]

ソリューション

影響を受けるkernel-uek / kernel-uek-firmwareパッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/oraclevm-errata/2020-July/000989.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 138416

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2020-0028.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

公開日: 2020/7/14

更新日: 2020/7/16

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.1

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.6

Temporal Score: 5.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:P/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:vm_server:3.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/7/13

脆弱性公開日: 2017/11/4

参照情報

CVE: CVE-2017-16538, CVE-2019-15214, CVE-2019-19533, CVE-2019-19534, CVE-2019-19536, CVE-2020-0543