Oracle Linux 8:nodejs: 12(ELSA-2020-2852)

high Nessus プラグイン ID 138482
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 8ホストに、ELSA-2020-2852アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- バージョン1.41.0より前のnghttp2では、過大なHTTP/2 SETTINGSフレームペイロードが原因でサービス拒否が発生します。
概念実証攻撃は、悪意のあるクライアントが14,400バイト(2400個の設定エントリ)の長さのSETTINGSフレームを繰り返し構築します。この攻撃により、CPUの使用率が100%に急上昇します。nghttp2 v1.41.0で、この脆弱性が修正されます。この脆弱性には回避策があります。nghttp2_on_frame_recv_callbackコールバックを実装し、受信したフレームがSETTINGSフレームで設定エントリの数が多い場合(32 以上など)は、接続をドロップします。 (CVE-2020-11080)

- 1.2.2より前のminimistは、コンストラクターまたは__proto__ペイロードを使用してObject.prototypeのプロパティを追加したり変更したりすることができます。(CVE-2020-7598)

- TLSセッションの再利用によって、12.18.0より前と14.4.0より前のノードバージョンでホスト証明書の検証がバイパスされる可能性があります。
(CVE-2020-8172)

- napi_get_value_string_*()は、10.21.0より前、12.18.0、および14.4.0より前のノードでさまざまな種類のメモリ破損を可能にします。(CVE-2020-8174)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2020-2852.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 138482

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2020-2852.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/8/13

更新日: 2021/5/11

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-8174

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.1

Temporal Score: 7.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:8, p-cpe:/a:oracle:linux:nodejs, p-cpe:/a:oracle:linux:nodejs-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:nodejs-docs, p-cpe:/a:oracle:linux:nodejs-full-i18n, p-cpe:/a:oracle:linux:nodejs-nodemon, p-cpe:/a:oracle:linux:nodejs-packaging, p-cpe:/a:oracle:linux:npm

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/7/14

脆弱性公開日: 2020/3/11

参照情報

CVE: CVE-2020-7598, CVE-2020-8172, CVE-2020-8174, CVE-2020-11080