SAP NetWeaver AS Javaの複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 138506

概要

リモートのSAP NetWeaver AS Javaサーバーは、複数の脆弱性の影響を受ける可能性があります。

説明

リモートホストで検出されたSAP NetWeaver AS Javaのバージョンは、SAPセキュリティノート2934135に記載されているように、複数の脆弱性の影響を受ける可能性があります。

- SAP NetWeaver AS JAVAのLM Configuration Wizardは認証チェックを実行しません。これにより、事前の認証なしで攻撃者が構成タスクを実行し、SAP Javaシステムに対して重要なアクションを実行することが可能になります。これには、管理ユーザー作成する能力が含まれているため、システムの機密性、整合性および可用性が侵害される可能性があります(CVE-2020-6287)。

- Webサービスにおける特定のパラメーターの不十分な入力パス検証により、認証されていない攻撃者がzipファイルを特定のディレクトリにダウンロードするメソッドを悪用する可能性があります(CVE-2020-6286)。


Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

ベンダーのアドバイザリにしたがって適切なパッチを適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?a89e2685

http://www.nessus.org/u?ff519fdb

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 138506

ファイル名: sap_netweaver_as_2934135.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2020/7/15

更新日: 2022/12/5

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.2

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-6287

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 9.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:sap:netweaver_application_server

必要な KB アイテム: installed_sw/SAP Netweaver Application Server (AS), Settings/ParanoidReport

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/7/14

脆弱性公開日: 2020/7/14

CISAの既知の悪用日: 2022/5/3

参照情報

CVE: CVE-2020-6286, CVE-2020-6287

IAVA: 2020-A-0298

CEA-ID: CEA-2020-0058