Oracle WebCenter Sites(2020年7月のCPU)

medium Nessus プラグイン ID 138590

概要

リモートホストで実行されているアプリケーションは、脆弱性の影響を受けます。

説明

Oracle Fusion MiddlewareのOracle WebCenter Sitesコンポーネントは、Oracle Fusion MiddlewareのOracle WebCenter Sites製品の脆弱性の影響を受けます(コンポーネント: Advanced User Interface)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、12.2.1.3.0および12.2.1.4.0です。容易に悪用可能な脆弱性があり、認証されていない攻撃者がHTTPを介してネットワークにアクセスし、Oracle WebCenter Sitesを侵害する可能性があります。攻撃を成功させるには攻撃者以外の人間の関与が必要です。また、脆弱性が存在するのはOracle WebCenter Sitesですが、攻撃が他の製品に大きな影響を与える可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle Application Expressがアクセスできる一部のデータに不正な更新、挿入、削除アクセスが行われたり、さらにOracle WebCenter Sitesがアクセスできるデータのサブセットに権限なしで読み取りアクセスが行われたりする可能性があります。

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョンにのみ依存しています。

ソリューション

2020年7月のOracle Critical Patch Updateアドバイザリに従って、適切なパッチを適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?dc7b9bd1

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 138590

ファイル名: oracle_webcenter_sites_jul_2020_cpu.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2020/7/17

更新日: 2022/4/11

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-14613

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.1

Temporal Score: 5.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:fusion_middleware

必要な KB アイテム: SMB/WebCenter_Sites/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/7/15

脆弱性公開日: 2020/7/15

参照情報

CVE: CVE-2020-14613

IAVA: 2020-A-0327-S