Amazon Linux 2:thunderbird(ALAS-2020-1462)

high Nessus プラグイン ID 138628

概要

リモートのAmazon Linux 2ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

Mozilla開発者が、Firefox 76およびFirefox ESR 68.8に存在するメモリの安全性に関するバグを報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、手間をかけることにより、これらの一部が悪用され、任意のコードが実行される可能性があると推測しています。この脆弱性の影響を受けるのは、Thunderbird < 68.9.0、Firefox < 77、およびFirefox ESR < 68.9です。
(CVE-2020-12410)

Mozilla開発者のIain Ireland氏が、ボックス化されていないオブジェクトの削除中に型チェックが行われず、クラッシュが発生することを発見しました。十分な労力をもってすれば、これを悪用し、任意のコードを実行することが可能と考えられます。この脆弱性の影響を受けるのは、Thunderbird < 68.9.0、Firefox < 77、およびFirefox ESR < 68.9です。(CVE-2020-12406)

ThunderbirdがIMAPサーバーに対してSTARTTLSを使用するように構成され、IMAPサーバーがPREAUTH応答を送信する場合、Thunderbirdは暗号化されていない接続を続行し、メールデータが保護されることなく送信されます。この脆弱性の影響を受けるのは、Thunderbird < 68.9.0です。
(CVE-2020-12398)

悪意のあるページを閲覧する際に、SharedWorkerServiceで競合状態が発生し、悪用可能なクラッシュが引き起こされる可能性があります。この脆弱性の影響を受けるのは、Thunderbird < 68.9.0、Firefox < 77、およびFirefox ESR < 68.9です。(CVE-2020-12405)

ソリューション

「yum update thunderbird」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2020-1462.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 138628

ファイル名: al2_ALAS-2020-1462.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/7/20

更新日: 2020/7/22

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:thunderbird, p-cpe:/a:amazon:linux:thunderbird-debuginfo, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/7/17

脆弱性公開日: 2020/7/9

参照情報

CVE: CVE-2020-12398, CVE-2020-12405, CVE-2020-12406, CVE-2020-12410

ALAS: 2020-1462