Amazon Linux 2:java-11-amazon-corretto (ALAS-2020-1464)

medium Nessus プラグイン ID 138630
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのAmazon Linux 2ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

Oracle Java SEのJava SE、Java SE Embedded製品の脆弱性(コンポーネント:JAXP)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE: 7u261、8u251、11.0.7および 14.0.1、Java SE Embedded: 8u251です。容易に悪用可能な脆弱性を利用して、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、Java SEやJava SE Embeddedを侵害する可能性があります。
この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embeddedがアクセスできるデータの一部が、権限なしで更新、挿入、削除される可能性があります。注:この脆弱性は、信頼できないJava Web Startアプリケーションや信頼できないJavaアプレットを、たとえばWebサービスを介して使用せずに、指定されたコンポーネントのAPIにデータを提供することでのみ悪用される可能性があります。CVSS 3.1ベーススコア5.3(整合性への影響)
CVSS Vector:(CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:N)。
(CVE-2020-14621)

Oracle Java SEのJava SE、Java SE Embedded製品の脆弱性(コンポーネント:JSSE)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE: 7u261、8u251、11.0.7および 14.0.1、Java SE Embedded: 8u251です。
悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者がTLSを介してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embeddedを侵害する可能性があります。
この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embeddedaがアクセスできるデータのサブセットに対して、権限なしで読み取りアクセスされる可能性があります。
注:クライアントとサーバーへのJavaのデプロイメントが対象です。この脆弱性は、サンドボックス化されたJava Web StartアプリケーションとJavaアプレットを通じて悪用される可能性があります。また、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションやサンドボックス化されたJavaアプレットを、たとえばWebサービス経由で使用せずに、指定されたコンポーネントのAPIにデータを提供することでも悪用される可能性があります。CVSS 3.1ベーススコア3.7(機密性に影響)CVSS Vector:(CVSS:3.1/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:N/A:N) (CVE-2020-14577)

Oracle Java SEのJava SE、Java SE Embedded製品の脆弱性(コンポーネント:2D)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE:
8u251、11.0.7および14.0.1、Java SE Embedded: 8u251です。悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embeddedを侵害する可能性があります。
この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embeddedaがアクセスできるデータのサブセットに対して、権限なしで読み取りアクセスされる可能性があります。
注:クライアントとサーバーへのJavaのデプロイメントが対象です。この脆弱性は、サンドボックス化されたJava Web StartアプリケーションとJavaアプレットを通じて悪用される可能性があります。また、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションやサンドボックス化されたJavaアプレットを、たとえばWebサービス経由で使用せずに、指定されたコンポーネントのAPIにデータを提供することでも悪用される可能性があります。CVSS 3.1ベーススコア3.7(機密性に影響)CVSS Vector:(CVSS:3.1/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:N/A:N) (CVE-2020-14581)

Oracle Java SEのJava SE、Java SE Embedded製品の脆弱性(コンポーネント:ライブラリ)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE: 7u261、8u251、11.0.7および 14.0.1、Java SE Embedded: 8u251です。
悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embeddedを侵害する可能性があります。攻撃を成功させるには攻撃者以外の人間の関与が必要であり、脆弱性が存在するのはJava SE、Java SE Embeddedであるものの、攻撃が他の製品に大きな影響を与える可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SEおよびJava SE Embeddedの乗っ取りが発生する可能性があります。注意:この脆弱性は、通常、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションまたはサンドボックス化されたJavaアプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード(インターネットからのコードなど)を読み込んで実行し、セキュリティをJavaサンドボックスに依存するJavaデプロイメントが対象です。この脆弱性は、通常サーバーで信頼できるコード(管理者がインストールしたコードなど)のみを読み込んで実行するJavaデプロイメントを対象としていません。CVSS 3.1 ベーススコア 8.3(機密性、整合性、可用性の影響)CVSS Vector:(CVSS:3.1/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:C/C:H/I:H/A:H) (CVE-2020-14583)

Oracle Java SEのJava SE製品の脆弱性(コンポーネント:
ImageIO)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE:11.0.7および14.0.1です。容易に悪用可能な脆弱性を使用して、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、Java SEを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SEの部分的なサービス拒否(部分的DOS)が権限なしで引き起こされる可能性があります。注:この脆弱性は、通常、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションまたはサンドボックス化されたJavaアプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード(インターネットからのコードなど)を読み込んで実行し、セキュリティをJavaサンドボックスに依存するJavaデプロイメントが対象です。この脆弱性は、通常サーバーで信頼できるコード(管理者がインストールしたコードなど)のみを読み込んで実行するJavaデプロイメントには存在しません。CVSS 3.1ベーススコア5.3(可用性に影響)。CVSS Vector:(CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:L) (CVE-2020-14562)

Oracle Java SEのJava SE、Java SE Embedded製品の脆弱性(コンポーネント:ライブラリ)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE: 8u251、11.0.7および14.0.1、Java SE Embedded: 8u251です。悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embeddedを侵害する可能性があります。
この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embeddedがアクセス可能な一部のデータが権限なしで更新、挿入または削除され、Java SE、Java SE Embeddedがアクセス可能なデータサブセットへの権限のない読み取りアクセスが可能になる可能性があります。注:クライアントとサーバーへのJavaのデプロイメントが対象です。この脆弱性は、サンドボックス化されたJava Web StartアプリケーションとJavaアプレットを通じて悪用される可能性があります。また、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションやサンドボックス化されたJavaアプレットを、たとえばWebサービス経由で使用せずに、指定されたコンポーネントのAPIにデータを提供することでも悪用される可能性があります。CVSS 3.1ベーススコア4.8(機密性と整合性への影響)CVSS Vector:
(CVSS:3.1/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:N) (CVE-2020-14556)

Oracle Java SEのJava SE、Java SE Embedded製品の脆弱性(コンポーネント:2D)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE:
7u261、8u251、11.0.7および 14.0.1、Java SE Embedded: 8u251です。容易に悪用可能な脆弱性を利用して、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、Java SEやJava SE Embeddedを侵害する可能性があります。
攻撃を成功させるには攻撃者以外の人間の関与が必要であり、脆弱性が存在するのはJava SE、Java SE Embeddedであるものの、攻撃が他の製品に大きな影響を与える可能性があります。
この脆弱性に対する攻撃が成功すると、重要なデータやJava SE、Java SE Embeddedがアクセスできるすべてのデータが権限なしで作成、削除、変更される可能性があります。注意:この脆弱性は、通常、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションまたはサンドボックス化されたJavaアプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード(インターネットからのコードなど)を読み込んで実行し、セキュリティをJavaサンドボックスに依存するJavaデプロイメントが対象です。この脆弱性は、通常サーバーで信頼できるコード(管理者がインストールしたコードなど)のみを読み込んで実行するJavaデプロイメントには存在しません。CVSS 3.1ベーススコア7.4(整合性への影響)CVSS Vector:
(CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:N/I:H/A:N) (CVE-2020-14593)

ソリューション

「yum update java-11-amazon-corretto」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2020-1464.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 138630

ファイル名: al2_ALAS-2020-1464.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/7/20

更新日: 2020/7/22

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-14556

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.5

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.8

Temporal Score: 4.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:java-11-amazon-corretto, p-cpe:/a:amazon:linux:java-11-amazon-corretto-headless, p-cpe:/a:amazon:linux:java-11-amazon-corretto-javadoc, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/7/17

脆弱性公開日: 2020/7/15

参照情報

CVE: CVE-2020-14556, CVE-2020-14562, CVE-2020-14577, CVE-2020-14581, CVE-2020-14583, CVE-2020-14593, CVE-2020-14621

ALAS: 2020-1464