Oracle Linux 7:grub2 (ELSA-2020-5782)

critical Nessus プラグイン ID 139164
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

変更点の説明:

[2.02-81.0.3]
- CVE-2020-10713、CVE-2020-14308、CVE-2020-14309、CVE-2020-14310、CVE-2020-14311、CVE-2020-15705、CVE-2020-15706、CVE-2020-15707を修正 [Orabug: 31225072]
- efiバイナリの署名証明書を更新

ソリューション

影響を受けるgrub2パッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2020-July/010163.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 139164

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2020-5782.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/7/30

更新日: 2020/8/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 10

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:grub2, p-cpe:/a:oracle:linux:grub2-common, p-cpe:/a:oracle:linux:grub2-efi-ia32, p-cpe:/a:oracle:linux:grub2-efi-ia32-cdboot, p-cpe:/a:oracle:linux:grub2-efi-ia32-modules, p-cpe:/a:oracle:linux:grub2-efi-x64, p-cpe:/a:oracle:linux:grub2-efi-x64-cdboot, p-cpe:/a:oracle:linux:grub2-efi-x64-modules, p-cpe:/a:oracle:linux:grub2-pc, p-cpe:/a:oracle:linux:grub2-pc-modules, p-cpe:/a:oracle:linux:grub2-tools, p-cpe:/a:oracle:linux:grub2-tools-extra, p-cpe:/a:oracle:linux:grub2-tools-minimal, cpe:/o:oracle:linux:7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/7/29

脆弱性公開日: 2020/7/29

参照情報

CVE: CVE-2020-10713, CVE-2020-14308, CVE-2020-14309, CVE-2020-14310, CVE-2020-14311, CVE-2020-15705, CVE-2020-15706, CVE-2020-15707

IAVA: 2020-A-0349