SUSE SLES12セキュリティ更新プログラム:カーネル(SUSE-SU-2020:2121-1)

critical Nessus プラグイン ID 139362

言語:

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

SUSE Linux Enterprise 12 SP4 LTSSカーネルが更新され、さまざまなセキュリティとバグの修正が行われました。

以下のセキュリティバグが修正されました。

CVE-2020-0305:char_dev.cのcdev_getでは、競合状態によりUse-After-Freeが発生する可能性があります。これにより、システム実行権限が必要なローカルでの権限昇格が引き起こされる可能性があります。悪用はユーザーの操作を必要としません(bnc#1174462)。

CVE-2019-20908:drivers/firmware/efi/efi.cで問題が検出されました。これは、攻撃者がefivar_ssdt ACPI変数に対する誤ったアクセス権限を使用して、ロックダウンまたはセキュアブート制限をバイパスすることができるというものです(別名CID-1957a85b0032)(bnc#1173567)。

CVE-2020-15780:drivers/acpi/acpi_configfs.cで問題が検出されました。これは、攻撃者が構成を介した悪意のあるACPIテーブルのインジェクションにより、ロックダウンとセキュアブート制限をバイパスすることができるというものです(別名CID-75b0cea7bf30)(bnc#1173573)。

CVE-2020-15393:drivers/usb/misc/usbtest.c内のusbtest_disconnectでメモリリークが発生します(CID-28ebeb8db770)(bnc#1173514)。

CVE-2020-12771:drivers/md/bcache/btree.c内のbtree_gc_coalesceでは、一体化操作が失敗した場合にデッドロックが発生しました(bnc#1171732)。

CVE-2019-16746:net/wireless/nl80211.cがビーコンヘッド内の変数要素の長さをチェックしなかったため、バッファオーバーフローにつながりました(bnc#1152107)。

CVE-2020-12888:VFIO PCIドライバーは、無効なメモリ空間へのアクセスの試行を誤って処理します(bnc#1171868)。

CVE-2020-10769:IPsec暗号化アルゴリズムのモジュールであるauthencのcrypto/authenc.cのcrypto_authenc_extractkeysで、バッファオーバーリードの欠陥が見つかりました。ペイロードが4バイトより長く、4バイトのアライメント境界のガイドラインに従っていない場合、バッファオーバーリードの脅威が発生し、システムクラッシュを引き起こします。この欠陥により、ユーザー権限を持つローカルの攻撃者がサービス拒否を引き起こす可能性があります(bnc#1173265)。

CVE-2020-10773:s390/s390xにおけるカーネルスタック情報の漏洩が終止されました(bnc#1172999)。

CVE-2020-14416:slipおよびslcan回線制御のtty->disc_data処理における競合状態によって、Use-After-Freeが引き起こされる可能性があります(CID-0ace17d56824)。これはdrivers/net/slip/slip.cおよびdrivers/net/can/slcan.cに影響します(bnc#1162002)。

CVE-2020-10768:間接分岐投機は、PR_SPEC_FORCE_DISABLE prctlコマンドによって強制的に無効にされた後、有効にされる可能性があります(bnc#1172783)。

CVE-2020-10766:Linuxスケジューラの論理バグにより攻撃者がSSBD保護を無効にできる、不正なクロスプロセスSSBDシャットダウンを修正しました(bnc#1172781)。

CVE-2020-10767:STIBPが利用できない場合または強化されたIBRSが利用できる場合に、間接分岐予測バリアは強制的に無効にされていました。
(bnc#1172782)。

CVE-2020-13974:k_asciiが連続して複数回呼び出された場合、drivers/tty/vt/keyboard.cで整数オーバーフローが発生しました(CID-b86dab054059)。
(bnc#1172775)。

CVE-2019-20810:Linuxカーネル内のdrivers/media/usb/go7007/snd-go7007.cのgo7007_snd_initが失敗パスに対してsnd_card_freeを呼び出さなかったため、メモリリークが発生しました(CID-9453264ef586)(bnc#1172458)。

更新パッケージには、セキュリティ関連以外の修正も含まれています。詳細については、アドバイザリを参照してください。

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

このSUSEセキュリティ更新プログラムをインストールするには、YaSTのonline_updateや「zypper patch」など、SUSEが推奨するインストール方法を使用してください。

別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE OpenStack Cloud Crowbar 9:

zypper in -t patch SUSE-OpenStack-Cloud-Crowbar-9-2020-2121=1

SUSE OpenStack Cloud 9:

zypper in -t patch SUSE-OpenStack-Cloud-9-2020-2121=1

SUSE Linux Enterprise Server for SAP 12-SP4:

zypper in -t patch SUSE-SLE-SAP-12-SP4-2020-2121=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP4-LTSS:

zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP4-LTSS-2020-2121=1

SUSE Linux Enterprise Live Patching 12-SP4:

zypper in -t patch SUSE-SLE-Live-Patching-12-SP4-2020-2121=1

SUSE Linux Enterprise High Availability 12-SP4:

zypper in -t patch SUSE-SLE-HA-12-SP4-2020-2121=1

関連情報

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1051510

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1065729

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1071995

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1085030

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1104967

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1114279

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1144333

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1148868

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1150660

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1152107

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1152472

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1152624

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1158983

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1159058

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1161016

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1162002

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1162063

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1168081

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1169194

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1169514

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1169795

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1170011

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1170592

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1170618

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1171124

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1171424

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1171558

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1171673

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1171732

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1171761

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1171868

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1171904

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1172257

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1172344

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1172458

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1172484

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1172759

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1172775

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1172781

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1172782

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1172783

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1172999

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1173265

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1173280

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1173428

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1173462

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1173514

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1173567

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1173573

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1174115

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1174462

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1174543

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-16746/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-20810/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-20908/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-0305/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-10766/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-10767/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-10768/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-10769/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-10773/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-12771/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-12888/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-13974/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-14416/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-15393/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-15780/

http://www.nessus.org/u?f55783c2

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 139362

ファイル名: suse_SU-2020-2121-1.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/8/6

更新日: 2020/11/30

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-16746

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-base, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-debugsource, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-devel, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-man, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-syms, cpe:/o:novell:suse_linux:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/8/4

脆弱性公開日: 2019/9/24

参照情報

CVE: CVE-2019-16746, CVE-2019-20810, CVE-2019-20908, CVE-2020-0305, CVE-2020-10766, CVE-2020-10767, CVE-2020-10768, CVE-2020-10769, CVE-2020-10773, CVE-2020-12771, CVE-2020-12888, CVE-2020-13974, CVE-2020-14416, CVE-2020-15393, CVE-2020-15780