Oracle Linux 8:nspr/nss(ELSA-2020-3280)

critical Nessus プラグイン ID 139397

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

Red Hatセキュリティアドバイザリ2020:3280から:

リモートのRedhat Enterprise Linux 8ホストにインストールされているパッケージは、RHSA-2020: 3280アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- nss:不適切な参照カウントによるsftk_FreeSessionでのUAF(CVE-2019-11756)

- nss:暗号化プリミティブに対する入力の長さをチェックします(CVE-2019-17006)

- nss:TLS1.3のHelloRetryRequestダウングレード要求がクライアントを無効な状態に設定します(CVE-2019-17023)

- nss:RSAキー生成中のサイドチャネル脆弱性(CVE-2020-12402)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるnsprやnssパッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2020-August/010197.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 139397

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2020-3280.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/8/7

更新日: 2022/1/26

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-17006

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:nspr, p-cpe:/a:oracle:linux:nspr-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:nss, p-cpe:/a:oracle:linux:nss-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:nss-softokn, p-cpe:/a:oracle:linux:nss-softokn-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:nss-softokn-freebl, p-cpe:/a:oracle:linux:nss-softokn-freebl-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:nss-sysinit, p-cpe:/a:oracle:linux:nss-tools, p-cpe:/a:oracle:linux:nss-util, p-cpe:/a:oracle:linux:nss-util-devel, cpe:/o:oracle:linux:8

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/8/6

脆弱性公開日: 2020/1/8

参照情報

CVE: CVE-2019-11756, CVE-2019-17006, CVE-2019-17023, CVE-2020-12402

RHSA: 2020:3280