FreeBSD:adns -- 複数の脆弱性(08de38d2-e2d0-11ea-9538-0c9d925bbbc0)

critical Nessus プラグイン ID 139738

言語:

概要

リモートのFreeBSDホストに、セキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

Ian Jacksonおよびadnsプロジェクトによる報告:

脆弱なアプリケーション: すべてのadns呼び出し元。悪用可能な場所: ローカルの再帰リゾルバー。おそらく最悪の場合: リモートコード実行。

脆弱なアプリケーション: SOAクエリを作成するもの。悪用可能な場所:
アップストリームDNSデータソース。おそらく最悪の場合: DoS(adnsを使用しているアプリケーションのクラッシュ)

脆弱なアプリケーション: adns_qf_quoteok_queryを使用するもの。
悪用可能な場所: クエリドメイン名のソース。おそらく最悪の場合: DoS(adnsを使用しているアプリケーションのクラッシュ)

脆弱なアプリケーション: adnshost。悪用可能な場所: 入力のフレーミングに責任のあるコード。おそらく最悪の場合: DoS(adnshostsがEOFでクラッシュ)。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?dc9e4e17

http://www.nessus.org/u?26bd61e2

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 139738

ファイル名: freebsd_pkg_08de38d2e2d011ea95380c9d925bbbc0.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

公開日: 2020/8/21

更新日: 2020/8/25

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:adns, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/8/20

脆弱性公開日: 2017/5/21

参照情報

CVE: CVE-2017-9103, CVE-2017-9104, CVE-2017-9105, CVE-2017-9106, CVE-2017-9107, CVE-2017-9108, CVE-2017-9109