FreeBSD:chrony <= 3.5.1 pidfileを書き込むシンボリックリンクの脆弱性によるデータ破損(719f06af-e45e-11ea-95a1-c3b8167b8026)

medium Nessus プラグイン ID 139763

言語:

概要

リモートのFreeBSDホストに、セキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

Miroslav Lichvar レポート:

chrony-3.5.1 [...]は、pidfileの書き込みにおけるセキュリティ問題を修正します。

chronyユーザーが書き込み権限を持つディレクトリにpidfileを保存するようにchronydが構成されている場合(例: /var/run/chrony - chrony-3.4以降のデフォルト)、chronyユーザーアカウントを侵害した攻撃者が、root権限で開始されるchronydにシンボリックリンクをフォローさせ、chronyユーザーに書き込み権限がないファイルにプロセスIDを書き込ませるためのpidfileの場所で、シンボリックリンクを作成する可能性があります。これにより、サービス拒否またはデータ損失が引き起こされます。

この問題は、SUSEのMatthias Gerstner氏により報告されました。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?274f0ff2

http://www.nessus.org/u?72fca576

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 139763

ファイル名: freebsd_pkg_719f06afe45e11ea95a1c3b8167b8026.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2020/8/24

更新日: 2020/9/8

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 3.6

Temporal Score: 2.7

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6

Temporal Score: 5.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:chrony, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/8/22

脆弱性公開日: 2020/8/6

参照情報

CVE: CVE-2020-14367