VMSA-2020-0018 : VMware ESXi、vCenter Server、Cloud Foundationの更新は、部分的なサービス拒否の脆弱性に対処します

medium Nessus プラグイン ID 139849

概要

リモートのVMware ESXiホストに1つ以上のセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

a. 認証サービスによる部分的なサービス拒否の脆弱性(CVE-2020-3976)

VMware ESXiおよびvCenter Serverの認証サービスには、部分的なサービス拒否の脆弱性があります。ESXiまたはvCenterへのネットワークアクセスを持つ悪意のある攻撃者がこの脆弱性を悪用してメモリリソースを枯渇させ、攻撃の持続中にパフォーマンス状態の悪化を引き起こす可能性があります。

ソリューション

不足しているパッチを適用してください。

関連情報

http://lists.vmware.com/pipermail/security-announce/2020/000506.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 139849

ファイル名: vmware_VMSA-2020-0018.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2020/8/26

更新日: 2020/9/4

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-3976

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 1.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.3

Temporal Score: 4.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:L

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:vmware:esxi:6.5, cpe:/o:vmware:esxi:6.7, cpe:/o:vmware:esxi:7.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/VMware/release, Host/VMware/version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/8/20

脆弱性公開日: 2020/8/21

参照情報

CVE: CVE-2020-3976

VMSA: 2020-0018

IAVA: 2020-A-0386