RHEL 6: chromium-browser(RHSA-2020: 3560)

high Nessus プラグイン ID 139860

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Redhat Enterprise Linux 6ホストにインストールされているパッケージは、RHSA-2020: 3560のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- chromium-browser: ANGLEにおけるメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2020-6542)

- chromium-browser: タスクスケジューリングでのuse-after-free(CVE-2020-6543)

- chromium-browser: メディアにおけるメモリ解放後使用(Use-After-Free)(CVE-2020-6544、CVE-2020-6549)

- chromium-browser: audioにおけるメモリ解放後使用 (CVE-2020-6545)

- chromium-browser: インストーラーにおける不適切な実装 (CVE-2020-6546)

- chromium-browser: メディアにおける不適切なセキュリティUI(CVE-2020-6547)

- chromium-browser: Skiaにおけるヒープバッファオーバーフロー(CVE-2020-6548)

- chromium-browser: IndexedDBにおけるメモリ解放後使用(Use-After-Free)(CVE-2020-6550)

- chromium-browser: WebGLにおけるメモリ解放後使用(Use-After-Free)(CVE-2020-6551)

- chromium-browser: Blinkにおけるメモリ解放後使用(CVE-2020-6552)

- chromium-browser: オフラインモードにおけるメモリ解放後使用(Use-After-Free)(CVE-2020-6553)

- chromium-browser: 拡張におけるメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2020-6554)

- chromium-browser: WebGLにおける領域外読み取り(CVE-2020-6555)

- chromium-browser: SwiftShaderにおけるヒープバッファオーバーフロー(CVE-2020-6556)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける chromium-browser パッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-6542

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-6543

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-6544

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-6545

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-6546

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-6547

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-6548

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-6549

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-6550

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-6551

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-6552

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-6553

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-6554

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-6555

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-6556

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2020:3560

https://bugzilla.redhat.com/1867939

https://bugzilla.redhat.com/1867940

https://bugzilla.redhat.com/1867941

https://bugzilla.redhat.com/1867942

https://bugzilla.redhat.com/1867943

https://bugzilla.redhat.com/1867944

https://bugzilla.redhat.com/1867945

https://bugzilla.redhat.com/1867946

https://bugzilla.redhat.com/1867947

https://bugzilla.redhat.com/1867948

https://bugzilla.redhat.com/1867949

https://bugzilla.redhat.com/1867950

https://bugzilla.redhat.com/1867951

https://bugzilla.redhat.com/1867952

https://bugzilla.redhat.com/1870002

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 139860

ファイル名: redhat-RHSA-2020-3560.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/8/26

更新日: 2023/1/23

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 7.3

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: CVSS2#E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-6556

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:redhat:enterprise_linux:6:*:*:*:*:*:*:*, cpe:2.3:o:redhat:rhel_eus:6.0:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:redhat:enterprise_linux:chromium-browser:*:*:*:*:*:*:*, cpe:2.3:o:redhat:rhel_els:6:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/8/26

脆弱性公開日: 2020/8/10

参照情報

CVE: CVE-2020-6542, CVE-2020-6543, CVE-2020-6544, CVE-2020-6545, CVE-2020-6546, CVE-2020-6547, CVE-2020-6548, CVE-2020-6549, CVE-2020-6550, CVE-2020-6551, CVE-2020-6552, CVE-2020-6553, CVE-2020-6554, CVE-2020-6555, CVE-2020-6556

CWE: 122, 125, 416

IAVA: 2020-A-0371-S, 2020-A-0382-S

RHSA: 2020:3560