Squid 2.x < 4.12 / 5.x < 5.0.3(SQUID-2020: 5、SQUID-2020: 6、SQUID-2020: 7)

high Nessus プラグイン ID 139912

概要

リモートのプロキシサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます

説明

バナーによると、リモートホストで実行している Squid のバージョンは、4.12 以前の 2.x または 5.0.3 以前の 5.x です。したがって、以下の複数の脆弱性の影響を受けます。
- SquidのSMPキャッシュおよびTLSハンドシェイク実装に、サービス拒否(DoS)の複数の脆弱性が存在します。認証されていないリモートの攻撃者がこの問題を悪用し、影響を受けるインスタンスに巧妙に作りこまれたリクエストを送信して、アプリケーションをDoS状態にする可能性があります。(CVE-2020-14058、CVE-2020-14059)

- ユーザー入力の不十分な検証のため、Squidにキャッシュポイズニングの脆弱性が存在します。認証されたリモートの攻撃者がこの問題を悪用し、キャッシュからユーザーに返されるコンテンツの整合性に影響を与える可能性があります(CVE-2020-15049)。

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Squidバージョン4.12/5.0.3以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?42df48c6

http://www.nessus.org/u?5094c7bf

http://www.nessus.org/u?f287cb57

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 139912

ファイル名: squid_5_0_3.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: remote

ファミリー: Firewalls

公開日: 2020/8/27

更新日: 2021/1/4

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-15049

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:squid-cache:squid

必要な KB アイテム: installed_sw/Squid, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/6/26

脆弱性公開日: 2020/6/26

参照情報

CVE: CVE-2020-14058, CVE-2020-14059, CVE-2020-15049