openSUSEセキュリティ更新プログラム:apache2(openSUSE-2020-1293)

critical Nessus プラグイン ID 140078

言語:

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

このapache2の更新では、次の問題が修正されます:

- CVE-2020-9490:HTTP/2リクエストの「Cache-Digest」ヘッダーの特別に細工された値によって発生するクラッシュを修正しました(bsc#1175071)。

- CVE-2020-11984:mod_proxy_uwsgiの情報漏洩バグを修正しました(bsc#1175074)。

- CVE-2020-11993:トレース/デバッグがHTTP/2モジュールで有効化されている場合に、間違った接続でロギングステートメントが行われました(bsc#1175070)。

この更新はSUSEからインポートされました:SLE-15: 更新プロジェクトを更新します。

ソリューション

影響を受けるapache2パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1175070

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1175071

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1175074

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 140078

ファイル名: openSUSE-2020-1293.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/8/31

更新日: 2021/6/7

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:apache2, p-cpe:/a:novell:opensuse:apache2-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:apache2-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:apache2-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:apache2-event, p-cpe:/a:novell:opensuse:apache2-event-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:apache2-example-pages, p-cpe:/a:novell:opensuse:apache2-prefork, p-cpe:/a:novell:opensuse:apache2-prefork-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:apache2-utils, p-cpe:/a:novell:opensuse:apache2-utils-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:apache2-worker, p-cpe:/a:novell:opensuse:apache2-worker-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:15.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/8/30

脆弱性公開日: 2020/8/7

参照情報

CVE: CVE-2020-11984, CVE-2020-11993, CVE-2020-9490

IAVA: 2020-A-0376-S