SAP NetWeaver AS Javaの複数のXSS(2953112)

medium Nessus プラグイン ID 140504

概要

リモートのSAP NetWeaver AS Javaサーバーは、クロスサイトスクリプティングの脆弱性の影響を受ける可能性があります。

説明

リモートホストで検出されたSAP NetWeaver AS Javaのバージョンは、以下のように、複数のクロスサイトスクリプティング脆弱性の影響を受ける可能性があります。

- SAP NetWeaver Application Server JAVA(XML Forms)のバージョン7.30、7.31、7.40、7.50は、ユーザーが制御する入力を十分にエンコードしません。このため、特別なロールを持つ認証されたユーザーは悪意のあるコンテンツを保存できます。被害者がアクセスしたときにJavaScriptを実行して悪意のあるアクションを実行できるため、格納型クロスサイトスクリプティングにつながる可能性があります。(CVE-2020-6313)

- SAP NetWeaver(Knowledge Management)のバージョン-7.30、7.31、7.40、7.50では、認証された攻撃者がUIで悪意のあるリンクを作成することが可能です。被害者がクリックすると、任意のjavaスクリプトが実行されて制限されていない情報が抽出または変更され、蓄積型クロスサイトスクリプティングにつながります。(CVE-2020-6326)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

ベンダーのアドバイザリにしたがって適切なパッチを適用してください。

関連情報

https://wiki.scn.sap.com/wiki/pages/viewpage.action?pageId=557449700

https://launchpad.support.sap.com/#/notes/2953112

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 140504

ファイル名: sap_netweaver_as_2953112.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2020/9/11

更新日: 2020/10/20

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4

Temporal Score: 3

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-6313

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:sap:netweaver_application_server

必要な KB アイテム: installed_sw/SAP Netweaver Application Server (AS), Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/9/8

脆弱性公開日: 2020/8/8

参照情報

CVE: CVE-2020-6313, CVE-2020-6326

IAVA: 2020-A-0421