FreeBSD:webkit2-gtk3 -- 複数の脆弱性(efd03116-c2a9-11ea-82bc-b42e99a1b9c3)

critical Nessus プラグイン ID 140680

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのFreeBSDホストに、セキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

WebKitGTKプロジェクトは、脆弱性を報告しています:

- CVE-2020-9802: 悪意を持って細工されたWebコンテンツを処理すると、任意のコードが実行される可能性があります。

- CVE-2020-9803: 悪意を持って細工されたWebコンテンツを処理すると、任意のコードが実行される可能性があります。

- CVE-2020-9805: 悪意のある細工されたWebコンテンツを処理することで、ユニバーサルクロスサイトスクリプティングが引き起こされる可能性があります。

- CVE-2020-9806: 悪意を持って細工されたWebコンテンツを処理すると、任意のコードが実行される可能性があります。

- CVE-2020-9807: 悪意を持って細工されたWebコンテンツを処理すると、任意のコードが実行される可能性があります。

- CVE-2020-9843: 悪意のある細工されたWebコンテンツを処理することで、クロスサイトスクリプティングが引き起こされる可能性があります。

- CVE-2020-9850: リモートの攻撃者が、任意のコードを実行する可能性があります。

- CVE-2020-13753: CLONE_NEWUSERがxdg-desktop-portalを混乱させるために使用される可能性があり、これによりサンドボックス外のアクセスが可能になります。TIOCSTIを使用して、制御ターミナルの入力バッファに書き込むことで、サンドボックス外でコマンドを直接実行できます。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://webkitgtk.org/security/WSA-2020-0006.html

http://www.nessus.org/u?113db128

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 140680

ファイル名: freebsd_pkg_efd03116c2a911ea82bcb42e99a1b9c3.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

公開日: 2020/9/21

更新日: 2021/6/3

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-9850

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:webkit2-gtk3, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/7/10

脆弱性公開日: 2020/7/10

エクスプロイト可能

Metasploit (Safari in Operator Side Effect Exploit)

参照情報

CVE: CVE-2020-13753, CVE-2020-9802, CVE-2020-9803, CVE-2020-9805, CVE-2020-9806, CVE-2020-9807, CVE-2020-9843, CVE-2020-9850