ハードウェアレジスタDoSをリードバックするXen PCIパススルーコード(XSA-337)

high Nessus プラグイン ID 140794

概要

リモートのXenハイパーバイザーのインストールにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

自己報告によるバージョン番号によると、リモートにインストールされているXenハイパーバイザーは、サービス拒否(DoS)の脆弱性の影響を受けます。XenのMSI処理で、デバイスハードウェアレジスタからリードバックされたサニタイズされていない値に作用するコードパスが特定されました。PCI仕様に厳密に準拠したデバイスはこれらのレジスタに影響を与えるべきではありませんが、経験上、多くのデバイスがこれらの読み取りの結果に影響を与える可能性のある仕様外の「バックドア」操作を備えていることがわかっています。完全に信頼されていないゲストは、Xenをクラッシュさせて、システム全体のサービス拒否につながる可能性があります。権限昇格と情報漏えいの可能性を排除できません。

問題を引き起こす可能性があるのは、仕様外(バックドア)の機能を備えたデバイスを通過するシステムのみです。経験上、このような仕様外の機能はありふれていることがわかっています。お使いのデバイスがこのような機能を備えていないと確信できない限り、備えているものと見なすことをお勧めします。

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

ベンダーのアドバイザリにしたがって適切なパッチを適用してください。

関連情報

https://xenbits.xen.org/xsa/advisory-337.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 140794

ファイル名: xen_server_XSA-337.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

ファミリー: Misc.

公開日: 2020/9/25

更新日: 2020/11/13

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.1

Temporal Score: 4.5

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-25595

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:xen:xen

必要な KB アイテム: installed_sw/Xen Hypervisor, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/9/22

脆弱性公開日: 2020/9/22

参照情報

CVE: CVE-2020-25595

IAVB: 2020-B-0056-S